スポンサーリンク

「サラリーマン大家」とは意味や概要

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「サラリーマン大家」とは新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「サラリーマン大家」を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「サラリーマン大家」の意味

平日は会社員として働き、平日の夜や休日に不動産経営する人。

「サラリーマン大家」の解説

「サラリーマン大家」「さらりーまんおおや」と読みます。

意味は「平日は会社員として働き、平日の夜や休日に不動産経営する人のこと」です。

サラリーマンとして会社から給与を貰い、更に自分でアパートやマンションの大家となり、家賃収入を得ている人のことです。

「サラリーマン大家」は、一度不動産を購入すれば、あとは管理会社に委託して運営すれば良く、波に乗れば黙っていても家賃収入を得られるというメリットがあります。

ただし、空き室があるとそれだけ赤字になったり、会社によりダブルワークは禁止されているところもあるなどのデメリットもあるのです。

「サラリーマン大家」の使われ方

「サラリーマン大家」は、サラリーマンでありながら賃貸物件の大家である人に使われます。

「サラリーマン大家になり左うちわで生活している」「サラリーマン大家で不良物件に当たり、大損した」などと言います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典