スポンサーリンク

「サレ夫」とは意味や概要

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「サレ夫」とは新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「サレ夫」を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「サレ夫」の意味

妻に浮気されている夫。

「サレ夫」の解説

「サレ夫」とは、妻が不貞行為をしている夫のことを言います。

「サレ夫」本人が気がついており自虐的に使う場合もあれば、第三者が浮気されている夫のことを表す際に使う場合もあります。

いずれにしましても、この言葉自体は俗語ですし、場合によっては浮気されている夫を侮蔑する言い方ともなりますので、公の場では基本的には使いません。

また「サレ夫」の対義語としては「サレ妻」がありますので併せて覚えておきましょう。

「サレ夫」の使われ方

「サレ夫」を使った表現をいくつか紹介しますので参考にしてみてください。

「嫁の浮気を知らなかったのは俺だけで、みんなからサレ夫と馬鹿にされていたんだ」

「独身時代、女性関係が派手だった兄が、今やサレ夫となっている姿に自業自得だと心の中で思った」

「情けないサレ夫で終わる気はない、間男にも妻にもしっかり慰謝料を請求し、社会的制裁も加えてやる」

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典