スポンサーリンク

「サンタメ業者」とは?意味や使い方、例文や概要

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「サンタメ業者」とは?ビジネス用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「サンタメ業者」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「サンタメ業者」とは?意味

「サンタメ業者」は、不動産業界の業界用語で、第3者の為に不動産購入を仲介する事業者を意味する言葉です。

不動産の購入は通常、売主がいて買主がいることで両者が売買成立することで売主は買主に商品である不動産を提供します。

ですが、売買契約が成立しないこともあり、その理由としては両者の意見が合わずどちらかが不成立を出せば売買は成立しないのです。

それらを調整し、売買成立させるのが「サンタメ業者」です。

「サンタメ業者」の概要

「サンタメ業者」は現在では、転売屋という不動産を第3者から買い上げて販売するという事業者になります。

何故なら、通常、不動産を購入した場合、購入したものに税がかかり税を払う必要があるのですが、「サンタメ業者は」そのリスクを回避したうえで利益優先で物件を売買することで利益を得ているため実質通常の不動産会社と比較した場合、利益優先です。

ですが、利益を追求すること自体は悪いことではなく、税金を納める量を減らして商売をする方法というのも悪いことではないため、転売と聞くと悪いイメージを持ちますが実は、「サンタメ業者」のやり方自体は悪いことではないです。

むしろ利点もあり、例えば、「サンタメ業者」が扱う物件は、瑕疵担保責任を追及することが可能で、物件に問題があった場合、修繕や交換を申し付け、実行させることができるなど責任に対する補償を「サンタメ業者」に申し渡すこともできます。

何故なら、売主が本来行う瑕疵担保責任を「サンタメ業者」が引き継ぐ形で物件を所有しますのでこれを断ることはできず、断った場合、買主側は、契約を一方的に解除したり損害賠償の請求を可能とするため、実は売主側としては、あえて問題がある物件を「サンタメ事業者」に押し付けることもできるのです。

「サンタメ業者」の言葉の使い方や使われ方

「サンタメ業者」の使い方は、不動産物件を売り主から購入し転売している不動産会社に対して使用します。

「サンタメ業者」の類語や言いかえ

「サンタメ業者」の類語や言いかえとしては、「仲介業者」と呼ぶこともあり、売主の不動産を仲介することで売買する事業者という言い方をします。

ただ、「サンタメ業者」は、不動産を完全に買い受けていますので仲介業ではありますが、物件の買い手がつかない場合、建物を自分で買い受けるか処分する必要性もありますので実は、売れない物件を押し付けられた場合リスクも大きいので、一応、仲介業ですが、物件をえり好みする仲介業です。

まとめ

「サンタメ業者」は、転売屋で悪いというイメージが付きまといますが、実はそうではなく、売主からしてみれば、売れない物件を押し付けて「サンタメ業者」に対処させるという方法もとれますし、売主に付きまとう、瑕疵担保責任を移行させることができるのです。

つまりは、物件の修理に関して「サンタメ業者」に移行でき、あえてどうしようもない物件を押し付けてその物件に人が済んで問題が起きても、元の売主は責任を免れるのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ビジネス用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典