スポンサーリンク

「サービス精神」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「サービス精神」とは?新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「サービス精神」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「サービス精神」とは?意味

人を喜ばせようとする心、奉仕的態度、気持ちを指す言葉で、無料のサービスをイメージしやすい言葉と言えますが、奉仕的気持ちというポイントが有ることから、給料以上の仕事を見せようということはサービス精神の表れと表することが出来ます。

「サービス精神」の概要

「サービス精神を見せる」という表現はスポーツにおいてはプレー以外でも魅せようとすることが多く含まれています。

ただし、基本的なプレーで活躍できないことにはサービス精神の発揮が出来ないという鉄則があり、サービス精神をプロスポーツに求めることはある意味高い平均点以上の特典を求めている行為と言えるかもしれません。

漫画の世界では単行本の余白ページを埋めていくのは原稿料がでないという説もあるために明らかにサービス精神の表れと言えます。

ただしこちらもスケジュール的な余裕がないと出来ないことでもあり、バランス感覚の難しいものであると言えるでしょう。

接客業でのサービス精神の高さは顧客満足度を高める要素なので、店側としても重視していく要素です。

サービス精神が旺盛な動物という言葉では動きをよく見えるところでしてくれる動物園の動物などを指すことが出来ます。

凄いサービス精神、貧弱なサービス精神などと強弱をつけて表現することが可能で、サービス精神の塊などと言った表現で評価することも出来ます。

サービス精神が過剰という言葉もあり、余計なサービス、余計な接客などを指しますが、余計ではないサービスは客には評価されても、行動として見られにくいことから上層部から評価されるか別なところが難しくなっています。

「サービス精神」の言葉の使い方や使われ方

「ファンサービスの充実ぶりにサービス精神の高さが見られる」「メニューの文字がかすれていてサービス精神があまり感じられない店」「サービス精神で付き合っている」などの使い方があり、基本的にはサービス精神があるということは良いものとして取り上げられることが多いですが、「サービス精神で付き合っている」という言葉はかなりネガティブな要素が強いものと言えるでしょう。

「サービス精神」の類語や言いかえ

「親切心」「奉仕する心」「おまけをくれる」「プレー以外でも魅せてくれるスポーツ選手」などがサービス精神、サービス精神があるという言葉との言い換えが出来る言葉といえます。

おまけをくれるという言葉は意図としてはサービス精神ですが、実際の言葉としてはやや使いにくいと言えるでしょう。

まとめ

サービス精神は受ける側にとっては非常にありがたいものではありますが、サービス精神には感謝の気持は忘れず、強いサービス精神までは共用するべきではないということが一般的な心構えと言えるでしょう。

対価の概念がサービス精神には確実にあるわけではないという点に甘えないようにしましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典