スポンサーリンク

「シンプルライフ」とは?意味や言葉の使い方、概要(元ネタ)など

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「シンプルライフ」とは?新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「シンプルライフ」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「シンプルライフ」とは?意味

「シンプルライフ」は、ミニマリストという概念から生まれた言葉で、簡単に言うと日常生活において余分なものを持たずに生活していき、必要最低限の現金で日々生きていくという考えのことです。

この考え方は、実は昔から存在していて、余計なものをたくさん持つ=煩悩であると定め、お寺に出家して生活を営むことも実は「シンプルライフ」の概念の一つになり、日々を生きていくという考えです。

「シンプルライフ」の概要

「シンプルライフ」という考え方は実は昔から存在していて、断捨離という形でいらないものを持たずに生活しようという考えでした。

しかし、2010年ごろに断捨離というワードが流行し、持たないことに対する美意識がテレビで取り上げられるとミニマリストという言葉が浸透し、その後、特集という形で組まれたのがこのワードです。

つまり、ミニマリストというワードをさらにわかりやすくしたのがシンプルな生活であるということでこのワードを普及させたのはインターネットと雑誌の影響が大きいです。

「シンプルライフ」の言葉の使い方や使われ方

「シンプルライフ」は、物を持たずに日常生活をするという美意識を指すために使用します。

よって、ミニマリストと同じ意味として使用されていると解釈してもらって構いません。

なお、「シンプルライフ」が生まれた理由ですが、ミニマリストというワードから派生して生まれたワードだと考え、「シンプルライフ」のほうが生活をシンプルにしていくという意味になるので使い勝手が良いワードだという認識で生まれたと考えてもよいです。

「シンプルライフ」を使った例文

・『シンプルライフを営むには断捨離が必要である』
・『断捨離をやりすぎると生活空間に必要なものが無くなりシンプルライフな生活を営めない』

まとめ

「シンプルライフ」という概念については、実は昔からあり、お寺で暮らしているお坊さんたちがまさに物を持たずに生活し、修行という形で徳を積むことで極楽に行けると信じて活動をしている方々です。

「シンプルライフ」は、要はミニマリストの考え方のことで概念が余計なものを持たずに必要最低限のもので生活するというものになります。

なので一番良い考えについては、煩悩を捨てていくうえで余分なものを捨てていくというのが望ましいんですが、「シンプルライフ」は、話題だけが先行してしまったがゆえ、とりあえず者さえ捨てれば成立していくという風潮も強くなり、「シンプルライフ」を理解せずに実践して最悪な末路を迎えた人も少なからずおり、芸能人の方でも実は必要か不必要の判断を誤り日常生活が送れない住居となってしまったという声も上がっています。

なので、「シンプルライフ」は、話題性があるというだけで実践するという考えはダメな考え方で、なぜ、そうあるべく行動するかが重要になるのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典