「ジンギスカン」と「ラム肉」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ジンギスカン」と「ラム肉」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ジンギスカン」「ラム肉」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ジンギスカン」とは?

「ジンギスカン」の意味と概要について紹介します。

「ジンギスカン」の意味

「ジンギスカン」は、「羊の肉を野菜と一緒に焼いて食べる北海道の郷土料理の一つ」です。

「ジンギスカン」の概要

「ジンギスカン」は、専用の鍋に、羊の肉と野菜を乗せて、焼いて食べる料理のことを言います。

北海道に郷土料理の一つで、道内のスーパーなどでは羊の肉が数多く販売されていますが、他の地域ではあまり普及していません。

「ジンギスカン」「ジンギスカン鍋」と呼ばれる半円型に盛り上がった鍋に、羊の肉、もやし、キャベツ、玉ねぎ、にんじんなどの野菜を乗せて、焼いて食べる料理です。

肉はあらかじめたれに漬けたものと、焼いた後からたれを付けて食べる方法があります。

名前の由来は、羊の肉はモンゴルで食べられていたことから、モンゴルの英雄「チンギスハン(成吉思汗)」に因んだという説と、「ジンギスカン鍋」がモンゴル兵士の兜の形に似ているからという説などがあります。

「ラム肉」とは?

「ラム肉」の意味と概要について紹介します。

「ラム肉」の意味

「ラム肉」とは、「子羊、又は子羊の肉のこと」という意味です。

「ラム肉」の概要

「ラム肉」は、英語で“lamb”<と書き、子羊、または子羊の肉のことを言います。

生後12か月未満の羊の肉を「ラム」と言い、生後1年を過ぎると「マトン」と言います。

ラム肉は、やわらかくて癖がなく、羊特有のにおいも強くないので、焼肉にして食べるのに向いています。

また、ラム肉の脂肪は溶解温度が人間の体温より高いので、食べても身体に吸収されずに健康に良いとされています。

「ジンギスカン」と「ラム肉」の違い!

「ジンギスカン」「羊の肉を野菜と一緒に焼いて食べる北海道の郷土料理の一つ」です。

「ラム肉」「子羊、又は子羊の肉のこと」です。

まとめ

今回は「ジンギスカン」「ラム肉」の違いをお伝えしました。

「ジンギスカンは料理名」「ラム肉は食材名」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典