「スキル」と「テクニック」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「スキル」と「テクニック」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「スキル」「テクニック」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「スキル」とは?

「スキル」とは、訓練、経験などにより身に着けた技能のことを言います。

またある人が持っている力量、技術のことでもあります。

技術や能力を向上させることを「スキルアップ」と言います。

「スキルがある者の給料は上乗せすると社長が言っている」「長年この会社にいるだけで、彼女にはスキルがない」「今はスキルアップに励む時期だから、結婚は考えていない」などと、使います。

「テクニック」とは?

「テクニック」とは、技術、技巧という意味になります。

「テクニック」とは物事を上手にする技ということですから「テクニックがある」「テクニックがない」といった言い方をしたり「テクニックで誤魔化して、心がない」「テクニックを身に着ける」とも言います。

「テクニック」は仕事でも使う言葉ですが、どちらかと言えば芸術的なことに使う方が多いでしょう。

「スキル」と「テクニック」の違い!

「スキル」「テクニック」の違いを、分かりやすく解説します。

どちらも日本語で言えば「技術」という意味合いがあります。

「スキル」は英語では“skil”と綴ります。

訓練、経験により身に着けたものを言いますので、仕事においては「スキルがある」「スキルアップ」などは非常に重視される部分でもあるでしょう。

他に同義語として「腕前」「熟練」といった言葉もありますので併せて覚えておきますと理解が深まります。

一方の「テクニック」ですが、英語では“technic”と綴ります。

優れた技術力、物事を巧みにし遂げる技といった意味となります。

何かを作る時、する時など、ちょっとした「テクニック」で仕上がりがまったく違うということがあります。

仕事においては「スキル」「テクニック」どちらも必要ですが、一般的には「スキルアップ」などと言いますように「スキル」を使う方が多いでしょう。

「テクニックアップ」などは言いませんので注意してください。

芸術的なこと、物を作ることなどは「テクニック」を使うことが多い印象です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「スキル」「テクニック」、二つの言葉の意味と違いを説明しました。

それぞれの言葉の意味を理解して、ふさわしい方を選び、使うようにしましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典