スポンサーリンク

「スキレット」と「フライパン」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「スキレット」と「フライパン」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「スキレット」「フライパン」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「スキレット」とは?

「スキレット」は、鋳鉄製で重みのある「フライパン」の一種です。

製造過程においては、加熱して溶かした鉄を型に流し込んで固める「鋳造」の方式をとっています。

そのため、一般的な金属製の「鍋」「フライパン」と比べても、厚みと重みがあり、熱がじっくり伝わるところが特徴です。

「スキレット」「フライパン」のように円形で浅く、1本の柄または2本の持ち手が付いた形状となっています。

サイズはさまざまですが、語源は「小さなフライパン」を意味する“skillet”であるように、小型の「スキレット」が多く出回り、特に直径15cm以下の1人用サイズに人気があります。

調理法は「鍋」「フライパン」のように直火にかけるほか、鋳鉄製の調理器具に対応するオーブンや電磁調理器で加熱することが可能です。

また、焼く、煮る、揚げるなど幅広い調理に使うことができます。

メリットは、食材に熱がむらなく伝わって料理が美味しく作れるところ、そのまま食卓に出して温かいまま食べられるところです。

また、食器としておしゃれな見た目が演出できるところで人気が高まっています。

一方、鋳鉄製なので重い、手入れが難しい、熱が伝わりにくい、といったデメリットもあります。

「フライパン」とは?

「フライパン」は、長い柄がついた平たい調理器具のこと。

柄が1本ついた「片手鍋」の一種です。

一般的な片手鍋よりも浅くて容量が小さいため、煮たりゆでたりする調理には適しません。

英語で“frying pan”と表記するように“frying”(焼く、炒める、揚げる)といった調理に用いられています。

「フライパン」はメーカーやブランドなどによって素材、サイズ、性能も多種多様で、用途や使用感の好みによって選び分けることが可能です。

主な素材は鉄、アルミニウム、チタンで、鉄製の「フライパン」は丈夫で熱が伝わりやすいメリットがあります。

アルミニウム、チタン製の「フライパン」は鉄製よりも軽く、焦げ付きをおさえるために表面をコーティングしているものが多く見られます。

また「フライパン」のうち、鋳鉄製のものは「スキレット」、底が波打ってグリルやソテーに適したものは「グリルパン」と呼ばれています。

「スキレット」と「フライパン」の違い

「スキレット」「フライパン」の違いを、分かりやすく解説します。

「フライパン」は長い柄のついた平たい調理器具です。

「スキレット」「フライパン」の一種で、重みと厚みのある鋳鉄製のものが「スキレット」と呼ばれています。

つまり、広義には「スキレット」「フライパン」と同じものということになります。

ただし「スキレット」は個性が強く「フライパン」の中でも別の調理器具として確立しているため、実際には「スキレット」「フライパン」と呼ばれることは多くありません。

現状としては、一般家庭で広く使われている鉄製やアルミ製などの浅い片手鍋が「フライパン」であり、小型でグリルやソテーなどに使えるおしゃれな調理器具が「スキレット」として認識されています。

まとめ

近年ブームになった調理器具の「スキレット」は、特別感のある調理器具にも見えますが、実は「フライパン」の一種です。

一般的な「フライパン」とは異なる特性を持っているので、上手に使い分けると料理の幅が広がるでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典