スポンサーリンク

「スクープ記事」と「スキャンダル記事」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「スクープ記事」と「スキャンダル記事」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「スクープ記事」「スキャンダル記事」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「スクープ記事」とは?

他の新聞や放送、雑誌が報道していない重要ニュースを独占的に最も早く報道した記事を指す言葉で、他社を出し抜いているというところがポイントと言えます。

内容の方向性は世間(読者)にある程度インパクトを与えるものであればどんなものでもよく、新しい製品に関わるスクープや、建設工事にかかわるスクープ、新技術にかかわるスクープ、人事案にかかわるスクープ、スキャンダルのスクープなど多岐にわたります。

また、予想で書ける記事のジャンル(特に自動車雑誌)である場合、自分で予想した新製品をスクープ記事として発表でき、信憑性は問わないというものもあります。

週刊誌や新聞のスクープ記事であれば信憑性はだいぶ上がりますが、スクープ記事の性質からして一社歯科報道していないこともあり裏付けが取りにくいという問題点はあります。

また、他者がスクープ記事の内容を探る記事を掲載させる場合、「一部報道」という言葉を使うケースがあります。

「スキャンダル記事」とは?

政治家や芸能人、文化人やスポーツ選手の醜聞記事を指す言葉で不倫問題などがイメージしやすいでしょう。

バレたらスキャンダル記事になる行為と言えるような悪い事件・行為全般からスキャンダル記事はつくられますが、単純な交通事故ではスキャンダル記事になるかグレーゾーンで、ひき逃げ、飲酒運転などの悪質なものでは確実にスキャンダル記事に分類されます。

スキャンダル記事を発表された側は確実にイメージダウンしてしまい、対処が必要となります。

企業でのスキャンダル記事では不正検査や不正受注などの不正、賄賂、隠蔽、パワハラ、セクハラなどのハラスメントなどが含まれ、単純なメーカー由来の事故、事件を指してスキャンダル記事にはなりません。

スキャンダル記事には出版社側の競争関係はなく、横並びで掲載されようが一社で独占掲載されようがスキャンダル記事です。

「スクープ記事」と「スキャンダル記事」の違い

「スクープ記事」「スキャンダル記事」の違いを、分かりやすく解説します。

「スクープ記事」は他のメディアに出し抜いて独占的に発表する記事のことで、当初はそのスクープ記事を出した一社しかその事柄の記事は読めません。

内容はいいことであろが悪いことであろうがスクープ記事になりえますが、すでにみんなが知っていることであればスクープ記事にはなりえません。

また、自然現象や科学技術、動物の生態などでもスクープ記事は作れます。

「スキャンダル記事」は醜聞記事の意味があるため、基本的には人間(基本的に有名人)もしくは企業から発生されるものです。

悪いニュースのみスキャンダル記事となるため動物のスキャンダル記事というのはかなり考えにくい部類です。

性質的にスキャンダル記事のスクープもありえます。

まとめ

「スクープ記事」は出し抜いて掲載される記事で、良いニュースも悪いニュースもあり「スキャンダル記事」は有名人を中心とした醜聞記事となるため、スキャンダル記事は出されたくないものとなります。

スクープ記事は出される側としては良いケースもあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典