スポンサーリンク

「スケコマシ」と「アバズレ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「スケコマシ」と「アバズレ」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「スケコマシ」「アバズレ」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「スケコマシ」とは?

「スケコマシ」は、女性をスケと呼び、女性と致す人です。

ここで言う致すとは、性的に女性との関係をいたすことです。

なお、何故、女性のことをスケというかですが、スケは、なお助という言葉が隠語に当たり、女性を指すのですが、そのことをスケと呼んだが故女性と関係をもち致すことを意味します。

「アバズレ」とは?

「アバズレ」は、いろいろな男性と性的にお付き合いをしている女性のことを意味します。

その上で、「アバズレ」の語源は、「アバ」の部分が暴れるという意味で、「ズレ」が性的な意味でいろいろな方とすれ違うことから男性にだらしがない女性のことを「アバズレ」と呼ぶようになりました。

また、男性にだらしがない=品性にかけた女性であると定義づけたが故、品性にかけた女性のことも「アバズレ」です。

「スケコマシ」と「アバズレ」の違い

「スケコマシ」「アバズレ」の違いは、性的な関係に至る性別が異なります。

「スケコマシ」は、男性側が女性と性的な関係になることで男性が様々な女性とお付き合いをすることを意味します。

「アバズレ」は、その逆です。

「スケコマシ」の例文

・『奴はスケコマシだからいずれ訴えられるな』
この例は、奴という男性が様々な女性とお付き合いをしている人物であるから、それらの行為が他の女性にバレると訴えられるという例です。

「スケコマシ」は男性側がとっかえひっかえ女性を変えてお付き合いすることなので、奴という人物は男性であると分かります。

「アバズレ」の例文

・『とんだ跳ね返りでアバズレの女だ』
この例は、対象の女性がとても気が強く品性にかけた女性だという例です。

「アバズレ」=男にだらしがない女性という意味ではなく、この例では、強情や強気な性格故に女性らしさが無いという意味で使用しています。

まとめ

「スケコマシ」「アバズレ」の違いは、対象となる人物の性別が異なります。

「スケコマシ」は、男性側がとっかえひっかえ女性を変えて肉体県警を迫ることですが、「アバズレ」においては実は、女性がとっかえひっかえ男を変えて付き合うという以外の意味もあるのです。

例えば、男性のような女性は、「アバズレ」と呼ばれ、その理由は暴れ狂うのアバの意味を持つ言葉も「アバズレ」であるため、男勝りな女性のことも「アバズレ」と呼ぶのです。

ただ、男勝りであるという意味で使用しようと、男性に対してだらしがない女性であるという意味で使用しようと個人を中傷する意味になりますので、「アバズレ」という言葉は本来使うことは好まれない言葉になります。

なお、「スケコマシ」「アバズレ」も売春を行う人物という意味があり、本来使用すべく言葉としてはかなりふさわしくありません。

その為、テレビ局では、両方とも禁止用語だったりチャットという他者とインターネットを通じて書き込みをして会話を楽しむものも両者の言葉は使用できないワードとしていることも多いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典