「スコール」と「ふつうの雨」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「スコール」と「ふつうの雨」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「スコール」「ふつうの雨」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「スコール」とは?

「スコール」の意味と概要について紹介します。

「スコール」の意味

「スコール」とは「急激に生じる強風で、数分間続くもの、大雨や雷雨を伴うこともある」になります。

「スコール」の概要

「スコール」は、「急に吹き出す強い風で、多くの場合数分間続いて突然止みますが、激しい雷雨を伴うこともある自然現象のこと」を言います。

日本では、「スコール」と言えば「熱帯雨林に起きる激しい雷雨」というイメージがありますが、実際にはその原因となる急激な強風のことです。

大気中に空気の温度差が起きて対流が発生して。

局所的に下降気流が強まり強風となるのが原因です。

突風と共に激しい雷雨を伴うことが多く、「スコール」と言えば雷雨の印象が強くなっています。

「ふつうの雨」とは?

「ふつうの雨」の意味と概要について紹介します。

「ふつうの雨」の意味

「ふつうの雨」は、「低気圧により空気中の水蒸気が増えて重たくなり、地上に水となって落ちてくる自然現象のこと」です。

「ふつうの雨」の概要

「ふつうの雨」は、地上の水分が蒸発して空気中に漂い、雲となったものが冷やされて、水となって落ちてくる自然現象のことを言います。

低気圧になると、周囲にある空気が薄くなり、気圧が高い部分から風が吹き込んできます。

流れ込んだ空気がぶつかり、上下に分散すると、地上にぶつかり上昇気流が発生します。

この時水蒸気が上昇気流に含まれて空気中に上がり、上空で冷やされて雲になり、水分が増えて重たくなった時に地上に降ってくるのが「ふつうの雨」です。

「スコール」と「ふつうの雨」の違い!

「スコール」「急激に生じる強風で、大雨や雷雨を伴うこともあるもの」です。

「ふつうの雨」「雲に含まれる水蒸気が重たくなって地上に落ちてきたもの」です。

まとめ

今回は「スコール」「ふつうの雨」の違いをお伝えしました。

「スコールは突風」「ふつうの雨は空気中の水蒸気」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典