スポンサーリンク

「ステッカー」と「シール」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ステッカー」と「シール」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ステッカー」「シール」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ステッカー」とは?

「ステッカー」は、防水処理を施した屋外使用を考慮した、ラベルです。

屋外使用を考慮している点が「ステッカー」の特徴で、安価に作成はできませんが、紫外線に強くするなどの他ホログラムにより、ラベルが浮き上がるなどの演出も可能とします。

「シール」とは?

「シール」は、ラベルを構成する媒体が主に紙面です。

紙であるが故、安価に製作可能で、大量に作成することを可能としています。

その為、スーパーなどで使用されているラベルは、「シール」で大量に制作でき安価であるが故、「シール」を採用しているのです。

これを「ステッカー」に置き換えた場合、一つ一つのラベルの制作に時間がかかり、かつコストという面で安価にラベル製作できません。

「ステッカー」と「シール」の違い

「ステッカー」「シール」の違いは、ラベルを構成する媒体が、紙きれであるか、多種多様な素材で構成されているかの違いがあり、製造コストにも違いがあります。

「シール」は、紙を構成媒体にしているため、安価ですが、耐水性や摩耗に対しては弱く「ステッカー」はマグネットでコーティングするなど多様性がある分製造コストがかかり、大量生産もできません。

その為、違いは大量生産可能であるかどうかでもあります。

「ステッカー」の例文

・『マグネット機能付きの自社宣伝ステッカーを制作した』

これは、冷蔵庫などに貼り付けることができる自社の宣伝用ラベルを制作したという例です。

「ステッカー」は多様性にあり、防水処理を施したうえで磁石機能を付与することが可能です。

・『紫外線に強いステッカーを開発した』

この例は、太陽光線に対して耐性がある、ラベルの開発に成功したという例になります。

「ステッカー」は、多様性を求めるうえで太陽光線に強いラベルの開発もしています。

「シール」の例文

・『安売りのシールを貼る』

この例は、スーパーなどで安売り用のラベルを張ることを指しています。

「シール」は安価な紙面で作られているため、大量に生産可能で、安売りなどで値段を書いて張り付けるラベルとして使用されます。

・『シールはがしでシールを剥がす』

この例は、冷蔵庫などに貼り付けたラベルを「シール剥がし」という商品を使用して剥がしている例です。

「シール」は紙面のラベルで粘着力があるが故、専用の商品があります。

まとめ

「ステッカー」「シール」の違いは、多様性と大量生産が可能であるかです。

「ステッカー」は大量生産は不可能ですが、多様性を持たせることができ、防水処理は当たり前の機能としつつ、マグネット機能の他紫外線にも強くするなど多様性がありホログラムなども可能です。

ですが、「シール」は、紙面のラベルに当たるため、安価で大量生産向きになり耐久性などは考慮してないです。

その為、スーパーでは、多様性がある「ステッカー」ではなく安価で大量生産可能な、「シール」を採用しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典