スポンサーリンク

「スプーン」と「レンゲ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「スプーン」と「レンゲ」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

料理を食べる時に欠かせないものが、「スプーン」「レンゲ」です。

食べ物やスープをすくって食べたり、飲んだりするのに欠かせない食器です。

この記事では、「スプーン」「レンゲ」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「スプーン」とは?

「スプーン」とは、料理をすくって食べる、または飲む時に使う食器で、匙(さじ)、または、スプンとも言います。

食事以外にも、調理の時やそれ以外でも使うことがあります。

「スプーン」は、物を乗せるくぼみのある部分と、それを持つ柄の部分に分かれています。

素材はステンレスや銀などの金属製のタイプの他にも、陶器製や木製、またはプラスチック製のものなどがあります。

「スプーン」の歴史は古く、旧石器時代の頃から使われていたようです。

和食では「スプーン」を使わないこともあり、日本で「スプーン」が生産され始めたのは、明治末期の頃です。

「スプーン」は用途によって、形や大きさがいろいろとあります。

「ティースプーン」「スープスプーン」、または「デザートスプーン」など、さまざまな種類があります。

日本の学校給食では、「先割れスプーン」が使われてきました。

これは「フォーク」「スプーン」の両方の機能を兼ね備えています。

「先割れスプーン」は、学校給食ではステンレス製のものが多いですが、コンビニ弁当では、プラスチック製のタイプがほとんどです。

しかし、最近の学校給食では「先割れスプーン」の使用は減少傾向にあるようです。

「レンゲ」とは?

「レンゲ」には、いくつかの意味があります。

一つは、中華料理を食べる時などに使う陶器製の匙(さじ)を日本語で表した言葉で、散蓮華(ちりれんげ)とも言います。

「レンゲ」は料理をすくって食べますが、使用方法も形状も「スプーン」に似ています。

日本ではラーメンなどのスープを飲む時に使われていますが、素材はプラスチックです。

他にもチャーハンを食べる時も、「レンゲ」が使われています。

他には、蓮(ハス)の花のことを「レンゲ」と言い、、蓮華、または、蓮花(れんげ)と書きます。

それ以外では、野草の蓮華草(れんげそう)も「レンゲ」と言われています。

「スプーン」と「レンゲ」の違い

「スプーン」「レンゲ」の違いを、分かりやすく解説します。

「スプーン」は料理をすくって食べる、または飲む時に使う食器です。

「レンゲ」も同じように料理をすくって食べたり、飲んだりするときに使います。

「スプーン」の発祥はヨーロッパですが、「レンゲ」は中国です。

どちらも陶器製の素材のものもありますが、日本では、「スプーン」は金属製、「レンゲ」はプラスチック製の物が主流となっています。

まとめ

日本では、ラーメンやチャーハンを食べる時など、プラスチック製の「レンゲ」を使います。

ですが、鍋の時は陶器製の物も使われています。

料理をより美味しくいただくために、「スプーン」「レンゲ」の素材やデザインにもこだわってみるのも良いかもしれません。

また、器などの他の食器ともマッチした「スプーン」「レンゲ」を使うことで、見た目にも美味しい料理を楽しむことができるでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典