スポンサーリンク

「スポーツタオル」と「フェイスタオル」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「スポーツタオル」と「フェイスタオル」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ホテルに宿泊すると、手や顔を洗ったり、お風呂に入ったりして備え付けのタオルを使用します。

場合によっては、またお風呂に入りたいという時に追加のタオルを頼みたいことがあります。

その時に困るのがタオルの呼び方です。

「バスタオル」だけは何となくわかりますが、他のサイズのタオルをどう呼ぶのが正しいのか、分かっている人は少ないのではないでしょうか。

例えば、「スポーツタオル」「フェイスタオル」はどれなのでしょうか。

違いはあるのでしょうか。

この記事では、「スポーツタオル」「フェイスタオル」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「スポーツタオル」とは?

「スポーツタオル」とは、名前の通りスポーツをする際に顔や体を拭くために使用するタオルで、バスタオルの大きさのタオルを持ち運ぶもは重い時に、利用する大きさのもので、ランニング時に肩にかけたりもできます。

一般的には約110cmx約40cmの大きさです。

「フェイスタオル」とは?

「フェイスタオル」とは、名前の通り、顔を洗った時に拭くことを想定したサイズで作られたタオルです。

一般的には、約86cmx約36cmの大きさです。

ホテルなどに備え付けの「小さい方の」タオルはほとんどこのサイスのものです。

お風呂に入るときに、体を洗うために使われることもあります。

「スポーツタオル」と「フェイスタオル」の違い

「スポーツタオル」「フェイスタオル」の違いを、分かりやすく解説します。

これらの違いは、極めて明解で、全てはサイズで決まります。

日本で流通している一般的な定義では、「スポーツタオル」は約110cmx約40cm、「フェイスタオル」が約86cmx約36cmです。

つまり、「スポーツタオル」「フェースタオル」よりも一回り大きいのです。

他の名称のタオルも大体の大きさは定められており、横が長い方から順番に列挙すると、以下のようになります。

「ベンチタオル」「バスタオル」「スポーツタオル」「フェイスタオル」「おしぼり」「ハンドタオル」です。

この中で一般的なホテルに置かれているのは「バスタオル」「フェイスタオル」であり、さらに「ハンドタオル」が置かれているところもあります。

「スポーツタオル」の例文

「スポーツタオル」の例文は以下のようになります。

・『卓球の公式戦では、スポーツタオルを使用できるのは両者の得点の合計が偶数のときだけです』
・『スポーツタオルはバスタオルほどの大きさは必要ない時に使用されます』

「フェイスタオル」の例文

「フェイスタオル」の例文は以下のようになります。

・『フェイスタオルは、どのホテルや旅館にも用意されているサイズのタオルです』
・『フェイスタオルは、体を洗うのにも使用できるサイズです』

まとめ

この記事では、「スポーツタオル」「フェイスタオル」の違いを、解説してきました。

この記事で、明確にしたように、タオルの名称はサイズで決まります。

どのサイズがどの名前なのかを一度チェックしておけば、ホテルだけではなく、どんな場面でも困ることは無くなるでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典