スポンサーリンク

「ソシャゲ離れ」とは?意味や使い方、例文や概要

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ソシャゲ離れ」とは?新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ソシャゲ離れ」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ソシャゲ離れ」とは?意味

「ソシャゲ離れ」とは、「今までスマホでソーシャルゲーム(ソシャゲ)をしていた人たちがやめること」を意味しています。

「ソシャゲ離れ」とは、「ソシャゲのファン層が各種の理由から、ソシャゲを離れること」を意味しているネットスラングなのです。

「ソシャゲ離れ」というネットスラングは、「スマホのアプリでソシャゲを提供してきた会社が減収減益になった時」から使われ始めました。

「ソシャゲ離れ」の概要

「ソシャゲ離れ」のネットスラングは2018年頃から使われていますが、「ソシャゲ離れ」はシンプルに二つの種類に分けられます。

一つ目の「ソシャゲ離れ」は、「特定のメジャーなゲームタイトルからユーザーが離れること」です。

例えば、「パズドラ・モンスト・ツムツム・グラブル・ポケモンGO」などのメジャーなソシャゲも配信から長い年月が経過して、「飽きの原因」からやめるユーザーは増えています。

二つ目の「ソシャゲ離れ」は、「ソーシャルゲーム全般(スマホゲーム全般)を完全にやめてしまうこと・ソシャゲから引退すること」になります。

「ソシャゲ離れ」の要因としては、「ゲームタイトルに飽きた・課金がもったいないと思い始めた・ソシャゲ依存を離脱したくなった(ソシャゲで仕事や生活に問題が起きた)・他にやりたいことが増えた」などがあります。

「ソシャゲ離れ」の言葉の使い方や使われ方

「ソシャゲ離れ」のネットスラングは、「それまでソシャゲを楽しんでいたユーザー層が、何らかの理由からソシャゲをやめて離れること」を指示して使うという使い方になります。

「ソシャゲ離れ」の原因としては、「特定のゲームタイトルをやりすぎて飽きた」「課金の繰り返しが無駄に思えた」「ソシャゲ依存で現実の仕事・生活の弊害が大きくなった」などがあります。

そのため、「ソシャゲ離れ」「ユーザー目線では肯定的なニュアンス」で使われることも多いのですが、「提供する会社目線あるいはゲーム市場目線では、市場規模が縮小する否定的なニュアンス」で使用されています。

「ソシャゲ離れ」を使った例文(使用例)

・『思い切ってソシャゲ離れしたほうが、リアルの学校や仕事が充実しやすくなります。』

・『ユーザーが3割も減るソシャゲ離れの影響で、売上と利益が落ち込んだIT企業の株が叩き売りされています。』

・『ソシャゲ離れの要因として大きいのは飽き・マンネリ化ですが、ソシャゲ依存で学校・会社に支障がでやすいのも一因でしょう。』

・『コアなユーザー層がソシャゲ離れをする時点で、そのソシャゲが盛り上がる旬は過ぎたと言えるかもしれません。』

まとめ

「ソシャゲ離れ」とは、「ゲームタイトルに飽きたやソシャゲ依存から立ち直りたいなどの理由から、ユーザー層がソシャゲをやめること」を意味しているネットスラングです。

「ソシャゲ離れ」の意味・概要・使い方について詳しく調べたい人は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典