スポンサーリンク

「ソリューション」と「サービス」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ソリューション」と「サービス」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ソリューション」「サービス」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ソリューション」とは?

「ソリューション」とは、「企業・組織が抱えている問題・悩みを分析して、IT・情報システム・コンサルなどによって解決に導くこと」を意味しているIT用語・経営用語です。

「ソリューション」というのは、「企業の問題点を分析した上で、その企業の問題解決のために必要となる情報システムやビジネスモデルを提案して構築するサービス全般」を指し示しているのです。

「ソリューション」というIT用語は、「クライアント(依頼者)である企業や組織の問題解決につながる方法・ITシステム・アイデア(別のビジネスモデル)・サービス」といった意味のニュアンスを持っています。

「サービス」とは?

「サービス」とは、「他者のために自分の力を尽くして奉仕すること」を意味しています。

経済用語としての「サービス」は、「顧客の課題解決あるいは顧客の満足度の向上のために、物質的財貨の生産・提供ではなくて、マンパワーで労務・もてなしを提供する」といった意味合いを持っています。

「サービス」という用語には、「労働力・マンパワーを提供する奉仕によって、顧客の悩みを解決したり心理的に満足させたりする」といった意味のニュアンスが込められています。

「サービス」の言葉は特定の事業分野・業界に限定されるものではなく、IT以外の「飲食・運輸・通信・小売・卸売・旅行」などあらゆる分野で使用することができるものです。

「ソリューション」と「サービス」の違い

「ソリューション」「サービス」の分かりやすい違いは、「ソリューション」「主にITビジネスの分野で使われる問題解決のサービス」を意味しているが、「サービス」「運輸・飲食・宿泊などいろいろな分野を含めて、顧客に対して提供される役務・奉仕全般」を意味しているという違いになります。

「ソリューション」というIT用語は、「IT・情報システム・コンサルなどを活用することで、顧客の抱えている問題・悩みを分析して解決に導く」といった意味合いを持っています。

それに対して、「サービス」という経済用語は「物質的な商品の提供ではなく、労務・もてなしの提供によって顧客の役に立つこと全般(問題解決+顧客の心理的満足)」を意味している点が異なっているのです。

さらに「ソリューション」の対象になる顧客は「企業・組織団体」であるのに対して、「サービス」の対象になる顧客は「企業・組織」だけではなくて「個人」も含んでいるという違いも挙げることができます。

まとめ

「ソリューション」「サービス」の違いについて分かりやすく説明しましたが、いかがでしたか?

「ソリューション」とは、「依頼者の課題を解決するためのITシステムを活用した方法・アイデア」を意味しています。

「サービス」は、「情報システムによる問題解決に限定せず、企業が顧客に対して提供する役務・顧客を喜ばせるためのもてなし」を示している違いがあります。

「ソリューション」「サービス」の違いについて詳しくリサーチしたいときは、この記事の解説をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典