スポンサーリンク

「ソーシャル就活」とは?意味や言葉の使い方、概要(元ネタ)など

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ソーシャル就活」とは?新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ソーシャル就活」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ソーシャル就活」とは?意味

「ソーシャル就活」は、SNSにTwitterなどソーシャルメディアと取られるものを利用して就職活動を行うことです。

何故、ソーシャルメディアを介して就活を行うかですが、これは企業側がソーシャルメディアを通して情報を発信しているため、情報収集と就職活動の両立が可能なのが「ソーシャル就活」であるためです。

逆に考えれば、通常のインターネットなどを介さない就活という物は情報収集と就活が別々で情報収集後に面接となるため、就職において時間を有します。

それを補うのが、情報収集と面接を一つのセットとして考える「ソーシャル就活」です。

「ソーシャル就活」の概要

「ソーシャル就活」は、いわば、企業側がいかに個人を把握し、良い人材であるかを判断しうる材料となる就職者のデータを集める手法であると言ってよいでしょう。

何故なら、過去のSNSやTwitterを振り返ってみれば、企業への就職を希望した人物が自己のSNSで過去に誹謗中傷をしていた人物であると分かれば採用を見送ることが可能であるためです。

このように企業側は、相手側が就職に関する情報をSNSなどの媒体から取得することが可能であるためその人物が企業にふさわしいかどうかを簡単に判断できるという利点があります。

「ソーシャル就活」の言葉の使い方や使われ方

「ソーシャル就活」という言葉は、就職法の手段の一つとして使用され、SNSなどで企業から雇用に関する採用を貰えるかどうかについて使用されます。

「ソーシャル就活」を使った例文

・『ソーシャル就活は企業からしてみれば、採用すべく人材の過去の行動を閲覧できる』

これは、「ソーシャル就活」という仕組みの利点を解説している例です。

「ソーシャル就活」はSNSにTwitterなどの過去の発言に対しても閲覧が可能な情報発信ツールを企業側は閲覧することによりその個人が自分の企業にふさわしいかどうかを判断することが容易です。

その為、ふさわしくないと判断した人物は、企業からしてみれば過激な発言だったり他者を傷つける行為を過去にTwitterなどのツールで行っていたということになります。

まとめ

「ソーシャル就活」は、いわば企業側が就職を希望するものの情報収集に使用することで企業にふさわしいかどうかを判断する一つの就活法です。

企業と仲が良くなれば、就職を望む側も利点が生まれ就活が容易になるのですが、問題においては企業に批判的である、企業の活動に対して疑問を持っていそうであると判断した場合、企業側としてはそのような人間を雇用する必要性がなくなりますので、いわば企業に必要な人材だけを集めるのが「ソーシャル就活」です。

その為、企業が選ばなかった人材というのは、「ソーシャル就活」では企業が不要と判断する決定的な行為を過去にTwitterやSNSで行った人物となります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典