「タキシード」と「スーツ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「タキシード」と「スーツ」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「タキシード」「スーツ」の違いを分かりやすく説明していきます。

「タキシード」とは?

「タキシード」の意味と概要について紹介します。

「タキシード」の意味

「タキシード」とは、「ヨーロッパにおける、男性が夜に着る礼装のこと」です。

「タキシード」の概要

「タキシード」は、男性が夜に礼装として着用する黒い光沢のある上下セットのことを言います。

つながった襟と、ボウタイという蝶ネクタイ、ひだのあるシャツにカマーバンドなどの決まりがあります。

元々は、イギリスやフランスなどで、礼装として燕尾服を着てた人が、タバコを吸う時に着替えた「スモーキングジャケット」が始まりと言われています。

「タキシード」は、産業革命時のイギリスは町中にススが多かった為に、汚れが目立たない様に黒になったという説もありす。

また、まだ照明が発達していなかった為に、夜会でキャンドルの灯りでも生える様に、光沢のある絹が使われる様にもなったのです。

現在では結婚式に新郎が着る衣装として知られています。

「スーツ」とは?

「スーツ」の意味と概要について紹介します。

「スーツ」の意味

「スーツ」とは、「上下が同じ布地で作られた洋服のこと」です。

「スーツ」の概要

「スーツ」は、トップスとボトムスに同じ布を使って仕立てられたセットの服のことを言います。

上下揃っていればスーツですので、女性用の服にも使われます。

「スーツ」には「ビジネススーツ」「カジュアルスーツ」があり、「ビジネススーツ」の場合は黒や紺など濃い色が使われ、ウールが使われることが多くなります。

「カジュアルスーツ」は、色もさまざまで、麻やナイロンなどの素材のものもあります。

「タキシード」と「スーツ」の違い!

「タキシード」は、「男性が夜に着る礼装のこと」です。

「スーツ」「上下が同じ布地で作られた洋服のこと」です。

まとめ

今回は「タキシード」「スーツ」の違いをお伝えしました。

「タキシードは礼装」「スーツは上下セットの服」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典