スポンサーリンク

「タコライス」と「ロコモコ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「タコライス」と「ロコモコ」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

洋風の米料理の中でも若者に人気が高いメニューが「タコライス」「ロコモコ」です。

最近では専門店もみかけるようになってきた人気のメニューですが、このふたつはどこに違いがあるのでしょうか。

今回は、「タコライス」「ロコモコ」の違いについて解説します。

スポンサーリンク

「タコライス」とは?

「タコライス」とは、「メキシコのタコス風に仕上げた米料理」です。

「タコライス」は海外で生まれた料理だと思われがちですが実は沖縄で誕生した日本生まれの料理です。

もともとアメリカ料理に馴染み深かった沖縄では他地域よりもずっと前からアメリカの定番料理であるタコスが親しまれてきました。

沖縄の人たちにとっては身近なタコスの具を米の上に乗せてできた料理が「タコライス」です。

「タコライス」の具はトマトベースでピリ辛なサルサソースで味付けされたタコミートを中心にレタスやトマトなどの野菜とチーズが定番です。

もともとはタコミートのみを使った肉と米だけのシンプルな料理でしたが、時代が経つに連れて野菜やチーズが定番の具材として広まり、現在ではチキンやアボカドなど追加の具をトッピングで乗せるお店も増えています。

スタイルとしては日本に昔からある丼料理に分類されますが実際に提供される際はサラダボウルや深皿などに守られていることも多く、パエリアのように大きな器で複数人分を調理して提供する店も見られます。

「タコライス」の使い方

・初めてタコライスを食べる。
・沖縄旅行ではかならずタコライスを食べることにしている。
・タコライスは腹持ちがいい。
・タコスもタコライスもどちらも好物だ。

「ロコモコ」とは?

「ロコモコ」とは、「ハンバーグを炊いた米の上に乗せた料理」です。

「ロコモコ」はハワイ生まれの料理とされています。

ハワイに済む日系人が日本の丼料理を参考に現地で定番の料理だったハンバーグを炊いた米の上に乗せて客に提供したのが始まりだとされ、現在ではハワイを代表するメニューとして人気を集めています。

もともとハワイではハンバーガーが定番中の定番メニューとして広まっていましたが、日系人が懐かしく馴染み深い米とその他の具材を合わせるというのはごく自然な流れと言えます。

ハンバーグのコクのあるソースは米と非常に相性が良かったこともありロコモコはあっという間にハワイ全土に広まる人気メニューとなりました。

ハンバーグと目玉焼きを乗せるのが定番のスタイルですが、近年は生野菜やチーズなどさらにアレンジが加えられたメニューが人気です。

日本でも早くから存在は知られていましたがファミリーレストランなどでも提供されるほど定着したのは2000年以降です。

「ロコモコ」の使い方

・ハワイ旅行の愛大に一度は本場のロコモコを食べたい。
・自家製ロコモコが今夜の夕食だ。
・大盛りでロコモコを注文する。
・日本風にアレンジした大根おろし醤油味のロコモコ丼を開発する。

「タコライス」と「ロコモコ」の違い

「タコライス」「ロコモコ」の違いは「具材と味付け」です。

「タコライス」は炒めた挽き肉をピリ辛のサルサソースで味付けしご飯の上に乗せた料理です。

「ロコモコ」の具はハンバーグが中心で味付けにはグレイビーソースが使われます。

どちらも日本の丼料理が基になっておりタコスを参考にしたのが「タコライス」でハンバーガーを参考にしたのが「ロコモコ」です。

まとめ

「タコライス」「ロコモコ」はどちらも日本と海外の食文化が融合して誕生した料理です。

ルーツも調理法も全く違うそれぞれの作り方を覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典