「タブレット」と「ノートPC」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「タブレット」と「ノートPC」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「タブレット」「ノートPC」の違いを分かりやすく説明していきます。

「タブレット」とは?

「タブレット」とは、「アップル社のiPadのようなスマホよりもサイズが大きくて、薄い板のような形状をしたオールインワン・コンピューター(情報端末機器)」のことを意味しています。

「タブレット」「約7~9インチ以上の画面」を持った板状のコンピューターで、「タッチパネル方式」によってアプリやブラウザを操作する特徴を持っています。

「タブレット」には、「薄くて軽量なので持ち運びがしやすい・アウトプット(本格的な作業・文字入力)よりもインプット(情報の収集・動画などの閲覧)に向いている」といった特徴があります。

「ノートPC」とは?

「ノートPC」とは、「ディスプレイ(画面)とキーボード、バッテリーが一体化された持ち運びしやすいラップトップ型のパソコン」のことを意味しています。

「ノートPC」というのは、デスクトップPCと比べた場合に、「小さくて軽量・携帯性に優れていて、折り畳むことができるパソコン」のことを意味しているのです。

「ノートPC」は、「タブレットよりもサイズが大きくて情報処理能力が優れていることが多く、インプット用途(プログラム・デザイン・長文入力などの仕事の用途)にも適した情報端末機器」なのです。

「タブレット」と「ノートPC」の違い!

「タブレット」「ノートPC」の違いを、分かりやすく解説します。

「タブレット」「ノートPC」「CPUによって情報処理を行うコンピューター(情報端末機器)」という意味では類似していますが、その形状と性能(スペック)に違いがあります。

「タブレット」というのは、アップル社のiPadに代表される「スマホよりも大きなサイズ(おおむね7~8インチ以上のサイズ)の板のような形状をしたコンピューター(情報端末機器)」を意味していますが、「ノートPC」のほうは「タブレットよりもサイズが大きくて、キーボードを備えている軽量・折り畳み式のパソコン」のことを意味している違いがあります。

また一般的に「ノートPC」のほうが「タブレット」よりも、「CPUの情報処理能力」が高くて「仕事の本格的な作業・長文の入力」に使いやすい違いも指摘できます。

まとめ

「タブレット」「ノートPC」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「タブレット」とは「iPadのようなスマホよりもサイズが大きい、薄い板のような形状をした情報端末機器」を意味していて、「ノートPC」「据え置きのデスクトップPCではない、持ち運び・開閉ができるノート型のパソコン」を意味している違いがあります。

「タブレット」「ノートPC」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典