スポンサーリンク

「タレント」と「女優」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「タレント」と「女優」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、タレントと女優の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

タレントとは?

タレントとは、才能を持ち、特技を持つ人という意味があります。

テレビで活躍する人やラジオでDJして働く人を主にタレントと呼び、ときにイベントに出て出演料を受け取ります。

芸能界には専門的な分野を追求し、情報を発信する評論家や歌で多くの人を魅了する歌手、面白いことを話して笑いをとるお笑いなどがありますが、これらの専門分野に当てはまらない人のことを指す言葉です。

番組に呼ばれれば取り上げている課題について話したり、質問に答えるといった様々な事柄に対応できる才能がある人をマルチタレントと呼ぶこともあります。

地方で活躍する芸能人はローカルタレントと呼び、スポーツ選手が芸能界に転じて仕事する人をスポーツ出身タレントと呼ぶなど様々な呼び方があるのも特徴的です。

女優とは?

女優とは、与えられた役に扮して、表情を変えて身振り手振りをつけて演じる人のことを言います。

テレビではドラマの登場人物になりきり、演じます。

もし視聴率が好調で人気が出ればイメージに合う商品やサービスを展開する人が選ばれ、一本あたり何千万という高いギャラが得られる仕事です。

この女優の「女」「女性」を、「優」には「芝居を職業とする者」という意味になります。

古代のギリシアでは舞台の上で悲劇を一人で演じた俳優がおり、ここから演じる男性を俳優と呼ぶようになりました。

その後、俳優を2人、3人と増やしていき、15世紀にはイエス・キリストの一生を演じるため複数人が聖堂前で演じるようになります。

そして、16世紀には仮面を用いて踊り、歌い、演技する即興劇を演じる俳優が立派な職業とみなされ、その地位を確立していきました。

現在では見た目の華やかさから女優の方に注目が集まりやすく、舞台女優、ミュージカル女優として華々しく活躍する女性が増えています。

そんな女優には美人女優として活躍する人もいれば、脱ぎ女優などいろいろな仕事があり、自分の得意分野を追及して仕事ができる時代となっています。

タレントと女優の違い

タレントと女優の違いを、分かりやすく説明します。

バラエティやクイズ番組など幅広く出演して番組を盛り上げるのがタレントで、与えられた役に扮して演技するのが女優という違いがあります。

タレントの例文

・マスメディアで活躍する人をとくにタレントと呼ぶことが多い。

・容貌や振る舞いができ、ある程度の知識を持つなど様々な分野に適応できるのがタレントだ。

バラエティー番組に出て、司会業もこなすことで高収入を得るタレントもいるなど、芸能界では幅広く活躍する人を指す言葉です。

多くの番組で活躍するタレントはそれだけ幅広い分野を追求して学び、知識を得る努力する人が多いのです。

女優の例文

・今年の新人女優は演技がうまくて期待できる。

・現役30年のベテラン女優は味のある演技ができるからこそ起用したい。

毎年、魅力的な新人女優が出てきますが、中でも飛び切り演技がうまい人は幅広い演技ができるところが期待できます。

対して、ベテラン女優は様々な役を演じてきたため、新人には真似できない魅力的な演技ができるのです。

まとめ

今ではタレントが司会業をこなしたり、CMに出演すればスポンサーから多額の出演料が受け取れるなど、活躍すればするほど収入が増えています。

一方の女優として生き残れる人は少ないため、本気の気持ちで演技に集中し、人生をかけて仕事することが求められる職業です。

話し方が上手な人はタレントを、演技が好きならば女優を目指してみましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典