スポンサーリンク

「ダフる」とは意味や概要

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ダフる」とは意味や概要新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ダフる」を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ダフる」の意味

ゴルファーが使用する言葉「打ち損ねる」

「ダフる」の解説

「ダフる」は、ボールを打つときにクラブヘッドでボールの手前を叩いてしまうことです。

「ダフリ」「ダフる」の名詞形です。

「ダフる」は、「打ち損ねる」という意味を持つ英語の“duff”が元になっています。

海外でも“duff”と呼ばれることがありますが、一般的には“fat shot”といいます。

クラブを振る一連の動作の際、前傾が崩れる、軸がぶれるといったことが「ダフる」原因です。

ダフリをしてしまうと飛距離の低下につながります。

「ダフる」の使われ方

ボールの手間を打ってしまったときに「ダフったー」と使用したり、スコアがよくなかったときに「ダフらなければもっとよかったのに」など使用します。

自分自身がダフってしまったときにも、一緒にプレーをしている人がダフってしまったときにも使用できますが、目上の人に対してはあまり使用しません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典