スポンサーリンク

「ダブルワーク」と「副業」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ダブルワーク」と「副業」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ダブルワーク」「副業」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ダブルワーク」とは?

「ダブルワーク」は2つの仕事をかけ持つさまで、どちらが本業であるかは関係なく、両者の仕事をすることで報酬を得て生活をする様です。

その為、本業があってその他のお仕事をする「副業」というお仕事と同じように扱われることがありますが、厳密には2つのお仕事を掛け持ち状態で報酬を得る様が「ダブルワーク」になります。

「ダブルワーク」の使い方

「ダブルワーク」は、自分の収入を増やすためにお仕事の幅を広げることを指します。

本来、お仕事に定着する人物は一つのお仕事で報酬を得るというスタイルが多いのですが、クリエイターなど他業種と関わることができるお仕事をしている方であれば、例えば、ゲームプログラマーからウェブプログラマーという感じに異なるお仕事を2つかけ持つことができます。

その為、正しい「ダブルワーク」という言葉の使い方は異なるお仕事に着手し報酬を得ることです。

逆に、ちょっとだけ本業が暇になった場合お仕事をするのは、「副業」になります。

「ダブルワーク」は必ず2つのお仕事が同じくらい従事する時間を必要とするため、同じ時間を有さない場合、「副業」と呼びます。

「副業」とは?

「副業」は本業と異なる仕事を本業が暇なときに行うお仕事です。

定義として、「副業」は本業を超えて収入を得てはいけない、本業よりも就業時間が長くてはいけないという定義があります。

また、「副業」は雇用形態があいまいであるバイアもあります。

「副業」の使い方

「副業」はメインとなるお仕事の他にお仕事をする場合に用いますが、定義があり、必ず本業よりも就業時間が短いこと、本業取よりもお給料が多くないという決まりがあります。

本業より収入が多いまたは、本業より就業が長い場合、それは「ダブルワーク」となります。

「ダブルワーク」と「副業」の違い

「ダブルワーク」は、本業と同じくらいの就業時間や、本業と同じくらいの収入を得るお仕事をかけ持つことです。

かけ持つお仕事が多くなればなるほど「トリプルワーク」という言葉に変化しますが、必ず、本業と同じくらいの就業時間及び本業と同じ収入でなくてはならないのです。

「副業」は逆に本業よりも収入が低く、かつ就業時間が短いという特徴がありますので、両者の違いは就業時間及び収入です。

ですが、本業を超えた「副業」については、アルバイトという呼び方に変わり、本業よりも収入を得ることができるものを「副業」とは呼びません。

その理由は、「副業」は雇用形態があいまいであることがあるためです。

まとめ

「ダブルワーク」は、二つの仕事をかけ持つことで、二つのお仕事をすることで収入を得る手法です。

ただし、一つの会社などで2つのお仕事を任され別々に報酬を得ることもダブルワークになり、例を挙げますとプログラマーがエンジニアのお仕事もすることで2つの仕事を掛け持ち報酬を得ることは「ダブルワーク」になります。

一方で「副業」は本業があって成立するお仕事で本業を超える収入を得ること及び就業時間はあり得ません。

本業を超えた場合、「アルバイト」という言い方になり、「副業」という呼び方ではなくなります。

この場合、本業が、「アルバイト」のお仕事よりもお給料が少ないということになり、「副業」という雇用形態があいまいなお仕事と別に考える必要があります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典