「チェック」と「確認」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「チェック」と「確認」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「チェック」「確認」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「チェック」とは?

「チェック」の意味と使い方について紹介します。

「チェック」の意味

「チェック」「小切手」「格子縞の模様」「書類などを照合して済んだら印をつけること」「調べて、好ましくないものが入り込むのを防ぐこと」「点検、調査、確認などをすること」「チェスで、王手をかけること」「飲食店などの勘定」などの意味があります。

「チェック」の使い方

「チェック」は、英語の“check”が日本語化した言葉で、数多くの意味がありますが、日常的に使うのは以下の3つです。

1つ目は「書類などを照合して印をつけること」という意味で、合致したものに対してレ点を付ける作業のことを言います。

2つ目は「きちんと調べて、好ましくないものが入り込むことを防ぐこと」という意味で、「空港でボディーチェックする」などがあります。

3つ目は「点検、調査、確認をすること」で、資料に誤りがないかなどを付け合わせたり調べたりすることを言います。

基本的に共通しているのは「照合する、点検する」という意味です。

「確認」とは?

「確認」の意味と使い方について紹介します。

「確認」の意味

「確認」「かくにん」と読みます。

意味は「そうであるとはっきり理解すること」「事実を判断する行為」になります。

「確認」の使い方

「確認」は、真実をたしかめることを言います。

上記で紹介した「チェック」も、「点検」「照合」によりたしかめることですので、「確認」のうちに含まれます。

ただし、「確認」「チェック」は入れ替えて使えないケースがあります。

「生存者を確認する」という場合は、「点検」「照合」ではなく、「事実を把握すること」であり、「チェック」の様に限定的な動作ではありません。

また、「相手の意思を確認する」という場合も、「どう思っているかたしかめること」であり、「チェック」は使えません。

「チェック」と「確認」の違い!

「チェック」「確認」の違いを、分かりやすく解説します。

「チェック」「点検、照合して異常を発見すること」です。

「確認」「事実をはっきりたしかめること」です。

まとめ

今回は「チェック」「確認」の違いをお伝えしました。

「チェックは点検、照合」「確認は事実をたしかめる」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典