スポンサーリンク

「チキンレッグ」とは意味や概要

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「チキンレッグ」とは新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「チキンレッグ」を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「チキンレッグ」の意味

上半身ばかり鍛えて脚を鍛えていない人。

「チキンレッグ」の解説

「チキンレッグ」とは、筋トレ用語においては、上半身ばかり鍛えて、脚が細いという意味になります。

ちなみに「脚が細い」というのは一般的な女性にとっては褒め言葉として使えますが、筋トレをしている人にとっては「鍛えていない=貧相」「ダサい鍛え方」という意味になりますので注意してください。

筋トレをしますと体が筋肉で大きくなっていきます。

しかしバランス良くトレーニングをしないと、上半身だけ大きく脚はほっそりしたままということなり、見た目がまるでニワトリのようになります。

また下半身の筋トレは苦しいですのできついトレーニングを避けていると推測されてしまうことから「チキンレッグ」は見た目のバランスが悪い、きついトレーニングから逃げているという二つの意味を持ち、揶揄する言葉として使われています。

「チキンレッグ」の使われ方

筋トレにおける「チキンレッグ」は、上半身だけ大きく脚が細いという体型や、バランスの悪いトレーニングをしているということを揶揄する言葉ですので、面と向かって本人に言うことは控えておきましょう。

それでは「チキンレッグ」の使い方の例をあげておきますので参考にしてみてください。

「チキンレッグにならないように、レッグランジをしっかりやる」

「チキンレッグって、やっぱどう見てもダサイだろ」

「脚の筋トレから逃げていると、チキンレッグになる」

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典