スポンサーリンク

「チケット」と「クーポン」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「チケット」と「クーポン」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「チケット」「クーポン」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「チケット」とは?

「チケット」の意味と使い方について紹介します。

「チケット」の意味

「チケット」とは「イベントの入場券、乗車券、食券など、サービスを受ける権利があることを証明するもののこと」という意味です。

「チケット」の使い方

「チケット」は、イベントの入場券や乗車券、食券など、引き換えにあるサービスを受けられることを示すものを言います。

基本的に1回利用するごとに1枚ずつ購入するもので、単体で使われます。

最初からその値段で購入するもので、持っていれば割引になるものではありません。

また、最近では「電子チケット」が普及していて、予約内容をデータ化してスマホに送られてくる様にもなっています。

利用者は当日会場入り口のリーダーにスマホをかざして受付します。

「クーポン」とは?

「クーポン」の意味と使い方について紹介します。

「クーポン」の意味

「クーポン」「切り取り式の割引券や回数券のこと」です。

「クーポン」の使い方

「クーポン」は、飲食店や一般商店などで使える、切り取り式の「割引券」「回数券」のことを言います。

フランス語の“coupon”が日本語化した言葉で、元は電車の乗車券や入場券などを複数綴りにしたもので、まとめて購入することで何枚かお得になっていることが多くなります。

日本では、雑誌やチラシなどに付いてくる切り取り式の割引券に使われることが多く、最近ではネット上のサイトから自分で印刷したり、スマホで画面表示させるものに対して使われることもあります。

「チケット」と「クーポン」の違い!

「チケット」は「イベントの入場券、乗車券、食券などのこと」です。

「クーポン」「切り取り式の割引券や回数券のこと」です。

まとめ

今回は「チケット」「クーポン」の違いをお伝えしました。

「チケットは利用する為の券」「クーポンは切り取って利用する割引券や回数券」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典