スポンサーリンク

「チャプチェ」と「春雨」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「チャプチェ」と「春雨」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「チャプチェ」「春雨」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「チャプチェ」とは?

タンミョンという「春雨」を、細く切った肉や野菜、きのこなどと共にごま油で炒め、甘辛く味つけをした食べものです。

朝鮮料理の一種になります。

この食べものに使用する「春雨」は、日本で一般的に売られているものよりもやや太めです。

原料には、サツマイモのでんぷんが使用されています。

具材には、牛肉、タマネギ、ニンジン、ピーマンなどが使用されます。

使用する具材に決まりはなく、この他にもほうれん草、シイタケ、キクラゲなどが使用されることもあります。

「チャプチェ」の作り方を簡単に説明します。

「春雨」を戻します。

鍋にたっぷりの湯を沸かし、「春雨」を入れて菜箸でかきまわし、2分ほどゆでます。

ゆであがったらざるにあげて、水けを切り、冷まします。

牛肉は細切りに、ニンジンやピーマンなどの野菜は千切り、タマネギは薄切りにします。

フライパンにごま油を熱し、野菜をさっと炒めて、一旦取り出します。

もう一度ごま油を加えて熱し、肉を炒めます。

肉に火が通ってきたら、先ほどの野菜と「春雨」を加えて、醤油・コチュジャン・砂糖などの合わせ調味料を加えて炒めます。

「チャプチェ」の使い方

牛肉や野菜、「春雨」などをごま油で炒めて、甘辛く味つけした食べものを指して使用する言葉です。

必ず春雨が使用されます。

「春雨」とは?

緑豆などのでんぷんから作られる麺状の食べものです。

使用されるでんぷんは、緑豆、サツマイモ、ジャガイモなどです。

中国では緑豆、日本ではジャガイモや緑豆などが使用されています。

乾燥しており、このままでは食べられないので、食べるときには戻します。

戻し方は、沸騰した湯でゆでる方法と、水とともに電子レンジにかける方法があります。

戻すと透明感がでます。

わかめを戻すと何倍の量になるように、「春雨」も戻すと量が増えます。

何も味付けされておらず、このままで食べることは少ないです。

「春雨」を使った料理には、サラダ、スープ、炒め物などがあります。

サラダもいろいろなバリエーションがあり、マヨネーズであえたもの、チキンを加えたものなどができます。

「春雨」の使い方

でんぷんから作られた麺状の食べものを指して使用する言葉です。

「チャプチェ」と「春雨」の違い

「春雨」は緑豆やサツマイモなどのでんぷんから作られた麺です。

これを使用した料理が「チャプチェ」です。

「チャプチェ」の例文

・『チャプチェのもとを使って料理を作る』
・『チャプチェ作りに挑戦』
・『料理屋でチャプチェを食べた』
・『はじめてチャプチェを食べた』

「春雨」の例文

・『春雨でダイエット』
・『春雨スープを作る』
・『春雨のサラダを購入する』
・『春雨入りのインスタントスープ』

まとめ

「春雨」はでんぷんから作られた麺で、さまざまな料理に使われています。

その料理の一つが「チャプチェ」です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典