スポンサーリンク

「チャンネルを回す」とは?意味や言葉の使い方、概要(元ネタ)など

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「チャンネルを回す」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

現在ではスマホやパソコンで動画や番組を見る人も増えていますが、今でもテレビはシェアの大きなメディア媒体です。

ご年配の方とテレビを見ている時に、「チャンネルを回して」と言われたことのある人もいるのではないでしょうか。

この記事では、「チャンネルを回す」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「チャンネルを回す」とは?意味

「チャンネルを回す」はテレビのダイヤルを回すこと、テレビのチャンネルを変えることを指します。

数十年前からテレビにダイヤルが付いていないタイプが一般的で、チャンネルを変えるためになにかを回すこともなくなったため、現在では死語の一つです。

インターネット上の動画配信サイトでもチャンネル機能があるサイトも存在しますが、そう言ったサイトが登場した頃にはすでに死語となっていたので、それらに「チャンネルを回す」と言う人もほとんどいません。

「チャンネルを回す」の概要

「チャンネルを回す」という言葉は、テレビが登場した初期はテレビにダイヤルが付いており、それを回すことでチャンネルを変える構造になっていた事から生まれた言葉です。

1980年代にはリモコン式テレビが生まれ、「チャンネルを回す」ことは一般的ではなくなっていきました。

それ以前の、娯楽をテレビに依存していた人達にとっては、チャンネルと言えば「回す」ものです。

そして親が言っていたからテレビは「チャンネルを回す」ものと覚えた人に言葉が受け継がれ、現在も少数ですが「チャンネルを回す」人は残っています。

「チャンネルを回す」の言葉の使い方や使われ方

「リモコンが見つからなくて『チャンネルを回す』ことができない」
ダイヤルが付いているテレビ自体がほとんど残存していないので、現在では「チャンネルを回す」という言葉は、専らダイヤルを回すことではなく、テレビのチャンネルを変えることとして使われます。

テレビは「チャンネルを回す」人でも、動画配信サイトでチャンネルを変える時には他の言い方をする人もいるため、ほぼテレビのチャンネルを変える時にのみ使われる言葉です。

「チャンネルを回す」の類語や言いかえ

現在では「チャンネルを回す」ではなく「チャンネルを変える」という言い換えが一般的です。

特定の番組が見たいという意思がある場合は「チャンネルを合わせる」という言葉も使います。

CMの間だけ次々チャンネルを切り替える行為は「ザッピングする」、CMと関係なくチャンネルを切り替え続ける場合は「フリッピングする」と言い、これらも「チャンネルを回す」ことの類語です。

まとめ

「チャンネルを回す」は死語ではありますが、テレビチャンネルに対して可能な行動は少ないので、何となくで通じることも多いでしょう。

ですが通じないことや、死語だと指摘されることもあるので、「チャンネルを変える」と言い換える方が、スムーズに意思疎通できるはずです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典