「チャームポイント」とは?意味や使い方を解説

スポンサーリンク
カタカナ語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「チャームポイント」

「チャームポイント」は英語なのでとてもオシャレな言葉ですが、実は和製英語です。

ネイティブに“What is yor charm point?”と言っても通用しないでしょう。

和製英語として日本で生まれて使われる様になった独自の言葉なのです。

「チャームポイント」の意味

「チャームポイント」の意味と正しい英語について紹介します。

「チャームポイント」の意味

「チャームポイント」の意味は、「その人の魅力的な部分」「人を引き付ける部分」という意味です。

「チャーム(“charm”)」「魅力」という意味で、「ポイント(“point”)」「点」という意味ですので、それが組み合わさって「魅力な点」という意味になるのです。

主に顔のパーツの中で人にアピールできる部位を言うことが多く、「パッチリとした二重の目」「えくぼ」「長いまつ毛」などを挙げる人が多くなります。

たまに「ホクロ」「長い指」「色白」など、顔以外のボディパーツを挙げる人もいます。

英語で「チャームポイント」は

因みに英語で「チャームポイント」“one’s best feature”或いは“charming fueature”と言います。

“feature”「特徴」という意味があります。

日本語では「チャーム」と言いますが英語では「魅力」という名詞で、「魅力的な」“charming”になります。

「チャームポイント」の言葉の使い方

「チャームポイント」の使い方には以下のポイントがあります。

女性に対して使うこと

「チャームポイント」は容姿で魅力的な部分を表す言葉です。

一般的に女性に対し使い、男性にはあまり使いません。

但し仲間内のカジュアルな場ではその限りではありません。

優れた部分ばかりではないこと

「チャームポイント」「魅力的だと思う部分」であり、「優れた部分」という意味ではありません。

人によっては笑った時に目が細くなるのがカワイイと思ったり、ふっくらとした頬がいいということもあるでしょう。

本人がコンプレックスと思っていても人から見て魅力的だと思える部分は「チャームポイント」になるのです。

ビジネスの場では使わないこと

「チャームポイント」という言葉は女性に対しての褒め言葉であり、男女平等を掲げるビジネスの場ではふさわしくありません。

誰か一人に対して褒め言葉を使うとその他の人達の嫉妬心を煽ったり、言い方によっては「セクハラ」と取られることもあるので注意しましょう。

「チャームポイント」を使った例文・短文(解釈)

「チャームポイント」を使った例文と解釈を紹介します。

「チャームポイント」の例文1

「彼女のチャームポイントはたれ目な部分かな」

自分がチャームポイントだと思っている部分と、他人がそう思う部分では違うことがあります。

たれ目で意思が弱そうに見えてしまい本人は気に入っていなくても、他人から見て「可愛らしい」ということもあるのです。

人がチャームポイントに気付かせてくれることを表す文です。

「チャームポイント」の例文2

「彼女は自分のチャームポイントに気がついていない」

自分に自信がなくて「私なんか」とネガティブになってしまっている女性でも、人から見ると非常に魅力的な部分があったりします。

自分の良さに気付いてもっと自信を持てば良いのに勿体ない、という気持ちを表しています。

「チャームポイント」の例文3

「チャームポイントはこの立派な眉毛です」

女性はたいてい眉を剃って描いています。

しかし中には自然のままの眉を生かしてくっきりとさせている女性もいます。

決して美しいとは言えないけれども自分の眉に自信を持っている様子を表しています。

「チャームポイント」の例文4

「笑顔がチャームポイントと言われたい」

人は笑うと顔が崩れるもので、大変な美人でも笑うとくしゃっとなってしまうことがあります。

笑った顔もカワイイというのはとてもレベルが高い証拠で、笑顔作りに励んでいる女性の心理がうかがえます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
カタカナ語
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典