スポンサーリンク

「チラシ」と「ポスター」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「チラシ」と「ポスター」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「チラシ」「ポスター」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「チラシ」とは?

広告や宣伝のために配る印刷物です。

多くは新聞に一緒に入っていたり、一枚だけでポストに入れられたりします。

印刷物は冊子状にはなっておらず、紙1枚であることが普通です。

紙に印刷をしたものが配られることが一般的ですが、インターネットを利用してみることもできます。

広告とは、広く一般に知らせることです。

「チラシ」は、商業施設や商品の情報などを広く一般に知らせるために用いられています。

大型ショッピングモールの「チラシ」で考えてみます。

大型ショッピングモールでは、衣料品、雑貨、食料品など、さまざまなものを扱う店舗が入っています。

店舗それぞれで注目の商品があり、ときには安売りをしています。

そういったものを購入してもらうためには、そういったものがあることを人々に知ってもらわなければなりません。

存在を知ることで、店舗に訪れてみたいという気持ちがわいてきます。

それを知らせるために用いられるものが「チラシ」です。

「チラシ」の使い方

広告や宣伝のために配られる印刷物を指して使用する言葉です。

配られる形のものを指して、この言葉を使用することが一般的です。

「ポスター」とは?

広告や宣伝のために用いられる貼り紙です。

図・絵・文章などで構成されています。

これは、壁などに貼られるもので、人に配るものではありません。

一般的には一枚刷りです。

高校の文化祭が開催されることを多くの人に知ってもらいたいと考えたとします。

多くの人が文化祭に訪れることで、学生が販売している商品の売れ行きが伸び、収益を上げることができます。

また、高校の宣伝にもなります。

しかし、文化祭がいつ開催されるかは、その高校に通っている生徒や教師くらいしか知りません。

一般の人に知ってもらうためには、知らせる活動をする必要があります。

その活動の一つが「ポスター」を貼ることです。

文化祭の場合だと「ポスター」には、高校名、開催日時などが記載されています。

それを見た人は、どの高校で、いつ文化祭が行われるのかがわかります。

商品や映画などの宣伝にも用いられています。

「ポスター」の使い方

広告や宣伝などに用いる貼り紙を指して使用する言葉です。

「チラシ」と「ポスター」の違い

どちらも広告や宣伝のために用いられるものですが、使用方法が違います。

前者は配られるものです。

ポストに入れられることが一般的です。

後者は壁などに貼られるものです。

「チラシ」の例文

・『チラシを捨てる』

・『スーパーのチラシを見る』

・『今日のチラシは多いな』

・『チラシで紙飛行機を作る』

「ポスター」の例文

・『好きな芸能人がうつっているポスター』

・『魅力的な商品のポスターを見かけた』

・『ポスターを貼らせてもらう』

・『ポスターを作成する』

まとめ

どちらも広告・宣伝に用いられるものですが、配るものなのか、貼るものなのかという点に違いがあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典