スポンサーリンク

「チルタイム」と「チルアウト」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「チルタイム」と「チルアウト」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「チルタイム」「チルアウト」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「チルタイム」とは?

「チルタイム」には、ゆったり落ち着いた時間という意味があります。

ほっと一息つける時間、コーヒーを飲みながらぼーっとする時間、このようなときを「チルタイム」といいます。

“chill time”と書きますが、英語ではなく造語です。

英語辞典で“chill time”を調べても、この言葉は掲載されていません。

「チルアウト」とは?

「チルアウト」には、落ち着く、冷静になるという意味があります。

のんびり、まったりという意味が含まれています。

“chill out”と書き、英語辞典にこの言葉が掲載されています。

“chill”には、寒気、ぞっとするという意味があります。

しかし、“chill out”はぞっとするような時間、寒気を感じる時間という意味ではありません。

「チルタイム」と「チルアウト」の違い

「チルタイム」「チルアウト」は、どちらもゆったり落ち着いた時間という意味があります。

違いは「チルタイム」は造語ですが、「チルアウト」は英語表現です。

辞書に載っており、英語圏の人も使用しています。

その場合、「落ち着けよ」という意味で使用されます。

まとめ

「チルタイム」「チルアウト」は、同じような意味を持っています。

違いは造語なのか、英語なのかという点です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典