スポンサーリンク

「ツッコミ」と「ボケ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ツッコミ」と「ボケ」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

2人の人間が話の掛け合いをする漫才は、日本で大変人気がある笑いの文化です。

大阪ではプロの漫才師でなくても、日常的に「ツッコミ」「ボケ」が会話のスタイルとして成立しています。

ところであなたは、どちらが「ボケ」で、どちらが「ツッコミ」か、正しく知っていますか。

「ツッコミ」「ボケ」は同じ意味ではありませんが、慣れていない人にとっては、どちらがどのような役割なのか、混乱するかもしれません。

この記事では、「ツッコミ」「ボケ」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ツッコミ」とは?

あえて漢字で書くと「突っ込み」となりますが、笑いの世界では「ツッコミ」とカタカナで表記するのが一般的です。

突っ込みには以下の意味があります。

A.勢いよく中へ入っていくこと。

B.深く立ち入ること。

そこから意味が転じで、漫才では「相方に、つじつまが合わない点を突っ込むように指摘して、話をすすめる役の者」を言うようになりました。

「ツッコミ」の使い方

「ツッコミ」が使用される代表的な例文をみてみましょう。

・『「ツッコミ」は立つ場所が決まっていて、舞台では普通、上手に立ちます』
・『今回は「ツッコミ」が足りないというか、物足りなかったです』
・『先輩にお酒の席で、いまの「ツッコム」ところだから、と言って笑われました』
・『彼の話は「ツッコミ」どころが、たくさんあります』
・『ダウンタウンの浜田の「ツッコミ」が最高だと思います』

「ボケ」とは?

漢字の「呆け」または「惚け」を由来とします。

「阿呆」「呆」であり、惚れてボーッとする様子から、ぼんやりとした、しかし憎めない、少しおかしなことを言う人を表すようになりました。

ぼけることや、ぼけている人です。

漫才の世界では、ツッコミに対して、ぼけたり、間の抜けた話をして、客を笑わせる役の者を言います。

「ボケ」の使い方

「ボケ」が使用される代表的な例文をみてみましょう。

・『彼はいつも「ボケ」役で、その場の雰囲気をなごませてくれます』
・『「ボケ」るのが、本当にお上手ですね』
・『あの人の「ボケ」ぶりは徹底していますよ』
・『この子のどうしようもない「ボケ」っぷりは、一生なおらないでしょう』
・『あなたの好きな「ボケ」芸能人は誰ですか』

「ツッコミ」と「ボケ」の違い

それでは「ツッコミ」「ボケ」の違いを、改めて整理してみましょう。

「ツッコミ」が、「常識や普通を理解しており、話の筋をすすめる役」です。

対して「ボケ」「間の抜けたことを言って、人々を笑わせる役」となります。

まとめ

この記事では「ツッコミ」「ボケ」の違いをみてきました。

どちらも漫才の世界で、また、人々のキャラクターを表現する言葉として、日常的に使われる身近な言葉です。

しかし「ツッコミ」「ボケ」は真逆の意味なので、混同しないように使い分けには注意しましょう。

意味を正しく理解してコミュニケーションに役立ててください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典