スポンサーリンク

「テリトリー」と「パーソナルスペース」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「テリトリー」と「パーソナルスペース」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「テリトリー」「パーソナルスペース」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「テリトリー」とは?

「テリトリー」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「テリトリー」「territory」と英語表記します。

「テリトリー」には「国の領土」という意味があります。

「テリトリーを侵したことが、戦争のきっかけになった」という文章があるときは、「国の領土」という意味になります。

次に「テリトリー」には「動物の縄張り」という意味があります。

「カバは、自分のテリトリーに侵入されると、必ず攻撃してくる」などという使い方をします。

「テリトリー」には「パーソナルスペース」という意味もあり、動物と同じように、自分の場所があります。

それ以上、他社に近寄られると不快になったり、不安になるような領域を「テリトリー」と呼びます。

「パーソナルスペース」とは?

「パーソナルスペース」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「パーソナルスペース」「personal space」と英語表記します。

「パーソナル」「個人的」という意味があり、「スペース」「空間。

場所」
という意味があります。

「パソナルスぺース」には「他人に近づかれると不快に感じる空間」という意味があります。

一般的に女性より男性の方が広いとされますが、個体差があります。

また、仲のいい人に対しての「パーソナルスペース」は狭く、嫌いな人に対する「パーソナルスペース」は広くなります。

好きな人は、すぐ隣に座っても、自分の空間を侵されたという感じがしないのに、嫌いな人の場合は、同じ空間にいるだけで、自分の場所を侵されているような気分になるなど、「パーソナルスペース」は人によって違いがあるだけでなく、相手によっても広くなったり狭くなったりします。

「人との距離が近い人」は、「パーソナルスペース」が狭い人を指します。

「テリトリー」と「パーソナルスペース」の違い

「テリトリー」「パーソナルスペース」の違いを、分かりやすく解説します。

「テリトリー」には「動物の縄張り」という意味があります。

「パーソナルスペース」「他人に近づかれると不快に感じる空間」があります。

「テリトリー」は、「動物の縄張り」という意味がありますが、人間にも縄張りがあり、それは「パーソナルスペース」と呼ばれます。

つまり「テリトリー」「パーソナルスペース」は同じ意味を持つ言葉と言えます。

2つの言葉は同義語のため、自由に言い換えをすることができます。

ただし、「テリトリー」には、「国の領土」「動物の縄張り」という意味を含むという違いがあります。

このように「テリトリー」「パーソナルスペース」は同じ意味を持つと覚えておきましょう。

まとめ

「テリトリー」「パーソナルスペース」の違いについて見てきました。

2つの言葉には、同じ意味がありました。

ただし、「テリトリー」には「国の領土」「動物の縄張り」という意味が含まれていることを覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典