スポンサーリンク

「ディーラー」と「ブローカー」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ディーラー」と「ブローカー」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ディーラー」「ブローカー」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ディーラー」とは?

「ディーラー」には3つの意味があります。

1つめは販売業者です。

特に特約販売店をいいます。

特約販売店とは、あるメーカーや企業と契約を結び、そのメーカーや企業の商品を扱う店のことです。

たとえば車の場合だと、「トヨペット」という名の販売店があります。

この店では、トヨタの車種を扱っています。

このメーカーの車しか扱っていません。

特定のメーカーや企業の商品を扱うことのメリットは、サービス水準や品質がメーカーの基準に統一されていることです。

そのため、全国どの店舗でも同じサービスを受けることができ、同じ品質の商品を購入することができます。

2つめの意味は、自分が負担をした有価証券を売買する、証券会社や銀行などのことです。

3つめの意味は、トランプゲームの親のことです。

この意味では、カジノでよく使われます。

カードを配る人がこれにあたります。

「ディーラー」の使い方

販売業者の意味で使われることが多いです。

特に特約販売店のことを指して使用します。

「ブローカー」とは?

仲介人のことです。

仲介とは、当事者同士の間に入って、双方をうまくまとめることです。

それをする人を仲介人といいます。

この人は、どちらか一方の立場に立つことはありません。

不動産の場合だと、売り手と買い手がいます。

仲介人はこの間に入り、双方をまとめます。

このとき、売り手に有利になるようにしたり、買い手に有利になるようにしたりといった、どちらか一方の立場に立つことはないのです。

また、この人は自らが取引をする当事者になることはありません。

株式でも、このような役割をする人がいます。

取引相手を探して紹介をしたりするのです。

こういったことをすることで、売り手と買い手、双方から手数料をもらうことができます。

「ブローカー」の使い方

仲介人を指して使用する言葉です。

不動産、株式、結婚、旅行などの業務にかかわることで使われています。

「ディーラー」と「ブローカー」の違い

どちらの言葉も、商品のやり取りに関係をしています。

前者は販売店のことです。

直接、客に商品を販売しているところです。

後者は仲介人のことです。

当事者の間をまとめる働きをします。

直接この人が商品を販売することはありません。

「ディーラー」の例文

・『ディーラーに相談をする』
・『欲しい車を取り扱っているディーラー』
・『ディーラーで点検をしてもらう』
・『サービスがよいディーラー』

「ブローカー」の例文

・『ブローカーを通じて購入をする』
・『ブローカー業務を行っている』
・『オンラインを通じてブローカーとやりとりする』
・『ブローカーの名刺をもらう』

まとめ

2つの言葉は商品にかかわるものですが、同じことではなく、一方は商品を売る店のこと、もう一方は当事者同士の間をまとめる人を指しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典