スポンサーリンク

「トニックウォーター」と「炭酸水」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「トニックウォーター」と「炭酸水」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「トニックウォーター」「炭酸水」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「トニックウォーター」とは?

「トニックウォーター」は、炭酸ガスで構成した水にフレーバーという香りづけをするハーブなどを使用して香料にして含ませた飲料で、柑橘類を使用して糖分とする炭酸水のことです。

つまり、「通常の炭酸水」は、水に二酸化炭素を溶かしたものであるが、「トニックウォーター」は水に二酸化炭素を溶かしたものに対して、混ぜ物をした商品のことになり、英国が発祥になります。

「炭酸」とは?

「炭酸水」は、二酸化炭素が溶け込んだ水のことで、酸性に傾いたシュワシュワした水のことです。

このシュワシュワは、二酸化炭素が水に溶け込んだ現象で強制的に二酸化炭素を水の中に溶け込ませる過程で受けた衝撃により、泡の形状で表面に現れるのです。

つまり、すでに溶け込んだ二酸化炭素が泡になるのも、衝撃で二酸化炭素が泡になっているにすぎません。

「トニックウォーター」と「炭酸水」の違い

「トニックウォーター」「炭酸水」の違いは、ただの二酸化炭素を含ませた水であるか、二酸化炭素を含ませた水にフレーバーという香りづけや甘味料という味付けを果実で行ったかです。

「トニックウォーター」は、二酸化炭素を含ませた水に、味付けをして長期保存を目的にした飲料で添加物が入ります。

一方、「炭酸水」は、水に二酸化炭素のみであるため、添加物は入りません。

「トニックウォーター」の例文

・『オレンジトニックウォーター』
この例は、オレンジを甘味料にした二酸化炭素を含ませた水になります。

「トニックウォーター」は、甘味料を含むことが許されており、長期保存できる、炭酸飲料のことです。

・『トニックウォーターは入手が困難』
この例は、甘味やフレーバーを含む炭酸飲料は入手が難しいという例です。

何故なら、この飲料はイギリスが発祥で、日本の場合、完全に果汁や砂糖などを含ませて飲料とするため、厳密に「トニックウォーター」というジャンルになりません。

「炭酸水」の例文

・『炭酸水をお酒で割る』
この例は、二酸化炭素を含んだ水をお酒と混ぜるという例になります。

代表的な物は、ハイボール等です。

・『炭酸水製造機』
この言葉は、炭酸飲料を作るマシンのことです。

二酸化炭素を、水に含ませることができる機械のことを意味します。

まとめ

「トニックウォーター」「炭酸水」の違いは、二酸化酸素を含ませた水の長期保存を目的としているかそうではないかです。

「トニックウォーター」はいわば、保存に重点を置いた水で、甘味料に果物を使用することで水の寿命を延ばしたイギリス発祥の飲料になります。

逆に、「炭酸水」は、単に二酸化炭素を含ませた水というだけで腐敗が速く、単なる水です。

しかし、単なる水であるが故、「炭酸水」は、安価でかつ料理にも使用可能なうえ、二酸化炭素の働きで料理の時短ができるなどの恩恵を受けます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典