「ナレーション」と「朗読」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ナレーション」と「朗読」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ナレーション」「朗読」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ナレーション」とは?

「ナレーション」とは、「映画・ドラマのストーリーあるいは登場人物の心理などの補助的な説明を音読すること」を意味しています。

「ナレーション」「映像作品を分かりやすくするための補助的な説明を音読すること」で、「文章の客観的な意味・事実を正確に伝えること」が重視されます。

そのため、「ナレーション」では「感情表現のための演出・脚色は控えめ」に行います。

「朗読」とは?

「朗読(ろうどく)」とは、「小説・童話・エッセイなどの文芸作品をその主題(テーマ)が伝わるように生き生きと音読すること」を意味している言葉です。

「朗読」というのは、「自分の音声(音読)だけでその文芸作品の内容・主題・盛り上がりを伝える行為」なのです。

そのため、「朗読」では「文芸作品のテーマや登場人物の心情が分かりやすく伝わるように、感情表現のための演技・脚色を行う(ある程度大げさに声色を変えたり抑揚をつけたりする)」という特徴があります。

「ナレーション」と「朗読」の違い!

「ナレーション」「朗読」の違いを、分かりやすく解説します。

「ナレーション」「朗読」もどちらも「声に出して文章を読むこと・音読すること」という意味では同じような行為を意味していますが、「ナレーション」のほうが「朗読」よりも「文章の持つ客観的な意味を伝えること」が重視されている違いがあります。

「ナレーション」とは、「映画のストーリーの説明やドラマなどの登場人物の心理などを音読する行為」で、「主役ではない説明をする脇役の役割」なので「大げさな脚色・演技の感情表現」まではしません。

「ナレーション」に対して「朗読」「小説・童話などの文芸作品を声だけで伝える行為」で、「物語の主題・登場人物の心情を伝える役割(ある程度大げさな感情表現もしながら音読する役割)」であるという違いを指摘できます。

まとめ

「ナレーション」「朗読」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「ナレーション」とは「映画・ドラマのストーリーや登場人物の心理などの補助的な説明を音読すること(それほど強い感情表現・演技的な声色は必要ない)」を意味していて、「朗読」「文芸作品をその物語の主題や登場人物の心理が伝わるように生き生きと音読すること」を意味している違いがあります。

「ナレーション」「朗読」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典