スポンサーリンク

「ニッチ」と「マニアック」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ニッチ」と「マニアック」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ニッチ」「マニアック」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ニッチ」とは?

「ニッチ」というのは隙間という意味でちょっと変わったという意味で使われる言葉になります。

例えば「ニッチ」な趣味だねという感じで人から言われる事がありますが、最近では「ニッチ」という風に言われるのはかなり良い言い方として認知されるようになりました。

なぜなら、「ニッチ」本来の隙間という意味から多くの人が好むのとは少し違って風変わりな趣味を持っているというのは個性があって良いと思われる事が多くなったからです。

なので、「ニッチ」というのは風変りという意味で使われる言葉ですが現代では人と変わったことを趣味にしている事は悪い事とは思われないで、むしろ好意的に受け止められるようになったので「ニッチ」は個性的という意味でプラスのイメージで使われる言葉になります。

「マニアック」とは?

「マニアック」というのはある事に対してすごく塾中している様子を指す言葉になります。

例えばある事に対してほとんどの人は表面的な事しか知らない事でもものすごい深い知識があって誰こ普通は知らないような事を知っていて、特定の事について極めてしまっているような状況です。

なので、「マニアック」というのは昔ほどではないですが大衆に理解されにくいという特徴があります。

なぜなら、「マニアック」というのは変わっているというだけでなくあまりに1つの事について詳しいために周囲があまり興味がないことをなぜそこまで熱心になっているのかと違和感を感じさせる事があるからです。

なので、「マニアック」というのはあまり周囲が興味がない事を極めた様を意味する言葉です。

「ニッチ」と「マニアック」の違い

「ニッチ」「マニアック」の違いは「ニッチ」は個性的という風に周囲から受け止めてもらえる事を指す言葉ですが、「マニアック」というのは同じく個性的という意味ですがあまり周囲から理解されないような深いところまで知っているといった感じで、その情熱も並々ならぬものがあります。

そのために「マニアック」という言葉は「ニッチ」みたいに単に個性があるという風に使われる言葉ではなく、ちょっと人としても変わったタイプの人と思われるような時に使う言葉になります。

まとめ

「ニッチ」「マニアック」も珍しい感じの意味で使われる言葉になりますが、「ニッチ」「マニアック」で決定的に違うのはその珍しさが好意的に受け止められるかそうでないかというのがあります。

「ニッチ」というのはちょっと変わった面白い趣味があるくらいに使われる言葉ですが、「マニアック」の場合は周囲からはどうしてそんな趣味を持っているのかという風に思われる事が多く、マイナスのイメージが強いです。

「ニッチ」「マニアック」も基本的に珍しい事を指すのですがその受け止め方にはかなり差があります。

「マニアック」も昔ほど悪い意味では使われなくなったのですが、「ニッチ」の方が良い意味で個性的という意味で使われます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典