スポンサーリンク

「ニッチ収納」とは?意味や言葉の使い方を解説

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ニッチ収納」とは?新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ニッチ収納」を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ニッチ収納」の意味

壁の一部にくぼみを作り、収納用の空間にすること。

「ニッチ収納」の解説

「ニッチ収納」とは、壁に作ったくぼみを収納やディスプレイ用の空間にする建築用法。

「ニッチ」「ニッチスペース」とも呼ばれます。

“niche”(ニッチ)とは、英語ですき間、壁のくぼみという意味。

「ニッチ収納」は収納スペースを作るため、建築時にあえて壁の一部分をくりぬきます。

一般的な収納棚は壁から出っ張っているのに対し「ニッチ収納」は壁の内側に棚があるため、部屋の空間を邪魔しないところが特長です。

また、殺風景な壁にアクセントをつける効果があり、おしゃれな収納法として人気が高まっています。

一方で、壁の内部空間に棚を取り付けるため、後付けやリフォームが難しい、壁の一部が薄くなるため防音性が低下する、といったデメリットも伴います。

「ニッチ収納」の使われ方

「ニッチ収納」は、建築、インテリア関連の話題に用いられる用語です。

たとえば、壁に小物用のちょっとした収納スペースや飾り棚を設置したい人が、建築会社やインテリア専門のメーカーと相談する時に使います。

使い方の一例

「玄関の壁にニッチ収納を作って花瓶を飾る」

「トイレの空間は狭いので壁にニッチ収納をつけたい」

ちなみに「ニッチ収納」と似ている収納方法に「壁収納」があります。

壁収納は壁面に本棚や収納ラックを設置する方法で、壁から出っ張っているところが「ニッチ収納」とは異なります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典