「ネット」と「ウェブ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ネット」と「ウェブ」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ネット」「ウェブ」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ネット」とは?

「ネット」とは、「TCP/IPプロトコルの仕組みを利用したグローバルな網目状のつながり」を意味している言葉です。

「ネット」という表現は、「世界中のコンピューター(情報端末)を、網目状に接続することができる世界規模の巨大な通信網」のことを意味しているのです。

「ネット」というのは、「インターネットの略語」になっています。

「ウェブ」とは?

「ウェブ」とは、「インターネット(グローバルな情報端末のつながり)の通信網を利用して、文書・映像(動画)・画像などの情報を発信したり受信したりすることができる仕組み」のことを意味しています。

「ウェブ」という言葉は、「ワールドワイドウェブ(WWW)の略語」になっていて、ブラウザなどに表示されるアドレスに「https://www. ~」という表記で表されることもあります。

「ウェブ」というのは、「インターネットの通信網とハイパーテキスト(HTML言語のリンク仕様)によって実現されたグローバルに情報の受発信ができる仕組み」で、大勢の人たちがスマホのアプリやPCのブラウザなどを介して「ウェブ」を利用しているのです。

「ネット」と「ウェブ」の違い!

「ネット」「ウェブ」の違いを、分かりやすく解説します。

「ネット」「ウェブ」も日常会話ではほぼ同じような意味合いで使われることが多いのですが、「ネット(インターネット)」というのは「TCP/IPプロトコルの規約と通信回線を活用して、世界規模でコンピューターを接続してやり取りできるようにした網目状のつながり(グローバルな通信網)」のことを意味しています。

「ネット」に対して「ウェブ」のほうは、「インターネットの通信網とハイパーテキストを利用して文書・映像・画像などいろいろな情報のやり取りができるようにしたWWW(ワールドワイドウェブ)の仕組み」を意味しているという基本的な違いを指摘できるのです。

そのため、日常会話の用法では「ネット(インターネット)」を使うことが多いのですが、実際にスマホ(アプリ)やPCを使ってやり取りしている仕組みは「ネット」ではなく「ウェブ」なのです。

まとめ

「ネット」「ウェブ」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「ネット」とは「TCP/IPプロトコルの仕組みを活用したグローバルな網目状のつながり・通信網」を意味していて、「ウェブ」「インターネットの通信網を利用して文書・映像・画像などの情報のやり取りができる仕組み、ワールドワイドウェブ(WWW)の略」を意味している違いがあります。

「ネット」「ウェブ」の違いを詳しく知りたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典