スポンサーリンク

「ネティズン」とは?意味や言葉の使い方、概要(元ネタ)など

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ネティズン」とは?新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、ネティズンの意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

ネティズンとは?意味

ネティズンとは、ネット内で存在する市民を指す言葉です。

「ネット」「市民」を繋げた現代語でもあり、若者の間ではすでに浸透している言葉となっています。

この言葉の発祥地はアメリカで、大学生が考えて広めた現代語と言われています。

国を超えて、人種にも拘らないネティズンの世界では、新しいものや話題となっている流行に素早く反応し、みなで議論して楽しむ言葉です。

ネティズンの概要

現実社会よりも、自分の居場所をインターネットの中に求めて移住したかのような人々のことをネティズンと表現します。

ネティズンは、そのインターネットの中では発言をしたり、人の悩みを聞いて、その悩みの解決策を分かりやすくアドバイスしたりと積極的に活動するのが特徴的。

精力的に活動するこのユーザーの多くがネットワークをうまく使い、人とコミュニケーションしています。

そのため、SNSやコミュニケーションサイトに登録して、自ら質問を探しては答えたり、チャットもする。

そんなネティズンになる人の特徴としては、現実社会ではあまり発言する場所がなかったり、目立つことがないためにネット内で発言して、人から尊敬される、目立つ人になれるよう居場所を見つけます。

ネット内では的確な意見するネティズンは、市民権を得たように発言することからメディアや企業からも注目を集める存在となっています。

ネティズンの言葉の使い方や使われ方

ネティズンの言葉の使い方としては、「ネティズンなら常識は守ってほしい」「ネティズンだからこその意見が聞きたい」と使います。

ネット市民だからこそ、常識ある言葉で意見してほしいと思いますし、その世界に詳しい彼らはどのような考えを持つか聞きたいと思う人は多いのです。

知識があり、常識的な言動を放つネティズンは、「俺はネティズンなので人を非難することはしない」「私はネティズンとして意見を言わせてもらう」と、冷静で落ち着いた意見を言います。

ネティズンを使った例文(使用例)

ネティズンをうまく使った例文を3つご紹介します。

・ネティズンの的確な意見を集めて、信憑性のある口コミにまとめる
ネティズンの的確な意見を集めることで、より信憑性のある口コミにしようとしたときの例文です。

ネティズンには、そのテーマに詳しい人もいれば、知識が豊富な人もいます。

そんなネティズンの口コミを素早く集めてサイトにアップすることで、サイトの信頼度も飛躍的に上がるわけです。

・ネティズンの発言は多くの人の気持ちを揺さぶることがある
ネティズンの発言は、人の気持ちを揺さぶるほど感動的なものから奥深い発言まであります。

それらの発言は人の心に響き、揺さぶられるわけです。

それほどネティズンの発言は多くの人が興味を持っていると分かる例文になります。

・ときにネティズンの意見にはうなずけるものがある
いつもは「どうかな?」と思うような意見ばかりするネティズンですが、ときに理にかなった意見を発信することもあります。

たまにそのような発言を発信するからこそ信用できるものがあり、共感した人はこのように使います。

まとめ

ネットの世界で市民権を握りつつあるネティズンは、ときに信憑性の高い発言や、意味のある発言をすることがあります。

社会問題から環境問題、カルチャーなど幅広いテーマも扱い、自分なりの言葉で発言するネティズンは、多くの人を関心させるほどの知識と文章力を持つ人もいるわけです。

誰でもネティズンになれるチャンスがありますので、興味がある人は積極的に発言してみるといいでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典