スポンサーリンク

「ノウハウ」と「技術」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ノウハウ」と「技術」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ノウハウ」「技術」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ノウハウ」とは?

「ノウハウ」には2つの意味があります。

一つは、専門的な技術、またその技術の蓄えです。

専門的な事柄に対しての処理をする方法や手段を指しています。

「組織を運営するノウハウ」のような使い方をします。

組織を運営するためには、それを処理する専門的な方法や手段が必要です。

適当に運営をしていては組織は成り立ちません。

この運営するための専門的な技術を指して「組織を運営するノウハウ」といいます。

運営以外の事柄についても、あることについての専門的な技術を指して「ノウハウ」といいます。

もう一つの意味は、技術競争で勝つ見込みのある情報や経験、またそれらを秘密にしておくことです。

1つめの意味は方法・手段を指していますが、2つめの意味は情報・経験を指しています。

「ノウハウ」の使い方

専門的な方法・手段、有力な手段となるような情報という意味で使用されています。

ビジネスの場で使われることが多い言葉です。

「技術」とは?

「技術」には2つの意味があります。

一つは、物事を扱うときの手段・方法です。

車を運転するためには、それを扱うためのやり方を知っていなければなりません。

一度も車を触ったことがない人は、どれがアクセルか、どれがブレーキか、どのようにハンドルを動かせばいいのか、車の取り扱い方がわかりません。

車を取り扱うやり方を身につけるために、教習所に通ったりして運転免許証を取得します。

こうして、車を扱えるやり方が身につきます。

この扱うやり方を「運転技術」といいます。

このような物事を扱う際の手段や方法を「技術」といいます。

もう一つの意味は、科学の研究成果を人間生活に役立てる方法です。

科学技術は日々進歩をしています。

さまざまな事柄が研究され、その研究結果は人間の生活に活かされています。

たとえば、小麦を製粉することについてです。

古くは石臼などを使って小麦をしていました。

これには時間がかかり、また外皮が入り込んでしまいます。

科学の研究が進むことで、石臼を使わずに粉にする方法や、外皮を取り除く方法が発達しました。

そして、これらは生活に役立てられています。

こういった役立てられている事柄が「技術」です。

「技術」の使い方

物事を処理するときのやり方を指して使用をします。

また、科学の研究成果を役立てる意味では「科学技術」のような使われ方をします。

「ノウハウ」と「技術」の違い

「ノウハウ」とは専門的な技術のことで、「技術」と意味が似ています。

しかし、「技術」とは物事を扱うときの手段・方法のことですが、「ノウハウ」にはその蓄積という意味が含まれています。

「運転技術」とはいいますが「運転ノウハウ」とはいいません。

また、「ノウハウ」は情報や経験についての意味もあります。

まとめ

意味が似ている2つの言葉ですが、同じように使うことはできません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典