スポンサーリンク

「ノーコメント」とは?意味や言葉の使い方を解説

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ノーコメント」とは?新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ノーコメント」を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ノーコメント」の意味

ノーコメントというのは記者等に質問をされた時に不利になる事を言わないために言う事が特にないフリをして逃げようとする時に使う言葉です。

「ノーコメント」の解説

ノーコメントという言葉は冷静なセリフであるかのように感じる言葉ですが、実際はそのような事はなく質問された事に対して確かに怒りの感情が湧いている状態の時に使う言葉となります。

ノーコメントと言いつつも怒りの感情を抱いている事から発言者の表情は大抵こわばった状態になっています。

その表情とノーコメントと言った時の声のトーン等から質問者に対して静かな怒りを抱ているのは確かです。

つまりノーコメントという言葉は決してコメントがない状況を意味しているわけではなく、コメントをしない事でそれ以上何もそのことに触れて欲しくないという意思の表れです。

「ノーコメント」の使われ方

ノーコメントの使われ方ですが公の場で複数の質問者から質問された時にこれは答えるわけにはいかないという時に一言ノーコメントと言ってその質問を早々に終わらせるといった感じで使います。

なので、別に誰かに質問されて答える時でも聞かれて困るような事がない時はノーコメントを使う必要はないです。

あくまで、誰かに聞かれたら困るような状況において適当な答えをしてその場をなんとか取り繕おうとした時に使うのがノーコメントという言葉になります。

早くその質問を終わらせてしまいたいという時に使うのが一般的です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典