スポンサーリンク

「バイシクルシュート」と「オーバーヘッド」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「バイシクルシュート」と「オーバーヘッド」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「バイシクルシュート」「オーバーヘッド」でゴールを決めれば、プロサッカーの試合でもスーパープレイとして取り上げられる事が多いです。

所が2つ共に頭上に飛んで来たボールを頭ではなく、足でシュートするのでぱっと見は同じプレイに見えます。

所がこの2つの違いを、明確に分類する説が存在しているのです。

スポンサーリンク

「バイシクルシュート」とは?

「バイシクルシュート」は、ジャンプする際に踏み切りとして使用した足を使って、頭上に来たボールを蹴ります。

要するに踏み切る足とシュートする足が同じ場合は、「バイシクルシュート」となるのです。

「オーバーヘッド」とは?

「オーバーヘッド」は、踏切りで使用した軸足と逆の足でボールを蹴ってシュートする方法です。

つまり右足を軸足にした場合は、左足でシュートするといったやり方となります。

「バイシクルシュート」と「オーバーヘッド」の違い

「バイシクルシュート」「オーバーヘッド」はどちらも、頭上に来たボールを足で合わせてシュートするテクニックです。

違いとしては軸足とシュートする足が同一の場合は「バイシクルシュート」で、軸足とシュートする足が違う場合は「オーバーヘッド」となります。

ただし世界的には2つをわざわざ分類せずに、「バイシクルシュート」と呼ぶ事が多いです。

まとめ

サッカーのスーパープレイである「バイシクルシュート」「オーバーヘッド」の違いは、軸足とシュートする足が同一か否かです。

もっとも世界的には頭上に来たボールを地面に背を向け足でシュートするプレイは、シンプルにバイシクルシュートと呼ばれています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典