「ババロア」と「ムース」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ババロア」と「ムース」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ババロア」「ムース」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ババロア」とは?

「ババロア」の意味と概要について紹介します。

「ババロア」の意味

「ババロア」は、「卵、牛乳、砂糖にゼラチンを加えて冷やし固めた洋菓子のこと」です。

「ババロア」の概要

「ババロア」は、フランス発祥の洋菓子で、卵黄、砂糖、牛乳、生クリーム、バニラ等を混ぜて作った「アングレーズソース」に生クリームとゼラチンを加えて型に流し込み、冷やし固めたものを言います。

「ムース」よりもゼラチンの使用量が多いので、ぷるんぷるんとした食感が楽しめます。

「ババロア」という名前の由来には幾つかの説があります。

もっとも有力なのはフランス語で「バイエルンの」という意味からきたという説です。

ドイツのバイエルン地方で、ある貴族に仕えていたフランス人シェフが考案したデザートと言われています。

現在では、そのまま食べることもありますが、スィーツとしてフルーツや生クリームなどを添えて食べることが多くなります。

「ムース」とは?

「ムース」の意味と概要について紹介します。

「ムース」の意味

「ムース」は、「泡立てた卵白に、生クリームや牛乳、砂糖を加えて固めた洋菓子のこと」です。

「ムース」の概要

「ムース」もフランス発祥の洋菓子で、卵白に砂糖を加えて泡立てた「メレンゲ」に、生クリームや牛乳、砂糖やフルーツピューレなど加えて、自然に固めたものを言います。

ゼラチンは使う場合もありますがほんの少しですで、ふわふわとした食感が楽しめます。

「ムース」はフランス語で「泡」という意味で、整髪料などにも使われています。

「ババロア」と「ムース」の違い!

「ババロア」「卵、牛乳、砂糖にゼラチンを加えて冷やし固めた洋菓子のこと」です。

「ムース」「泡立てた卵白に、生クリームや牛乳、砂糖を加えて固めた洋菓子のこと」です。

まとめ

今回は「ババロア」「ムース」の違いをお伝えしました。

「ババロアはぷるんぷるん」「ムースはふわふわ」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典