スポンサーリンク

「バルコニー」と「ベランダ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「バルコニー」と「ベランダ」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

自宅に「バルコニー」「ベランダ」があると思いますが、違いを知っていますか。

この記事では、「バルコニー」「ベランダ」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「バルコニー」とは?

「バルコニー」は、建物の階上の室外に張り出したスペースのことです。

「バルコニー」には、屋根がありません。

また、下の階の屋根を利用して設置したものは「ルーフバルコニー」と呼ばれます。

日本では一戸建て住宅に多く見られますが、マンションやアパートで「バルコニー」が設置されていることもあります。

「ベランダ」とは?

「ベランダ」は、建物の室外に張り出したスペースのことです。

「ベランダ」には屋根があり、2階以上の場所にあります。

屋根があるため、夏の強い日差しが室内に入り込むことを防いでくれます。

また、雨を防いでもくれるので、風が強くなければ、雨の日でも「ベランダ」に洗濯物を干すことができます。

多くの場合、日本のマンションやアパートに設置されています。

「バルコニー」と「ベランダ」の違い

「バルコニー」「ベランダ」は、どちらも建物の階上にある室外から張り出したスペースのことを指していますが、2つには異なる点があります。

それは、屋根の有無です。

「バルコニー」には屋根がなく、「ベランダ」には屋根があります。

まとめ

「バルコニー」「ベランダ」は同じものを指しているように思いますが、この2つは屋根の有無という点で違いがあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典