スポンサーリンク

「パティシエ」と「ショコラティエ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「パティシエ」と「ショコラティエ」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「パティシエ」「ショコラティエ」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「パティシエ」とは?

洋菓子を作る人のことです。

趣味としてではなく、職業として洋菓子を作る人を指しています。

菓子には、ケーキ・プリン・シュークリームなどの洋菓子、大福・饅頭などの和菓子、月餅・磨花などの中華菓子などがあります。

さまざまな菓子がありますが、「パティシエ」はケーキなど洋菓子を作る人のことです。

洋菓子以外の菓子を作る人のことではありません。

「パティシエ」が働く場所は、洋菓子店、ホテル、レストランなどです。

専門学校で知識や技術を習得して、洋菓子店やホテルなどに就職することが一般的です。

何キログラムもある小麦や砂糖などを持ち運ばなければならず、1日中立っている必要があり、また泡立て器などを長時間使用するため、体力が必要とされます。

また、洋菓子は味だけでなく見た目の美しさも求められているため、デザインセンスも必要です。

「パティシエ」の使い方

職業として洋菓子を作る人を指して使用する言葉です。

日本では明確に区別しないことがありますが、フランスでは男性を「パティシエ」、女性を「パティシエ―ル」と呼びます。

「ショコラティエ」とは?

チョコレートを使って菓子を作る専門の職業のことです。

カカオ豆からチョコレートそのものを作る人のことではなく、チョコレートを使って菓子を作る人をいいます。

チョコレートを使った菓子には、トリュフ、ガトーショコラ、チョコレートアイスなどがあります。

洋菓子の中でも、こういったチョコレートを専門に扱っている人が「ショコラティエ」です。

働く場所は、洋菓子店、チョコレート専門店、ホテル、レストランなどです。

チョコレートを使って菓子を作るには、温度管理に気をつけたり、繊細な感覚と技術が必要とされたります。

また、見た目の美しさも求められるため、デザインセンスも必要です。

「ショコラティエ」の使い方

洋菓子の中でもチョコレートを使った菓子を、職業として専門に作っている人を指して使用をします。

「パティシエ」と「ショコラティエ」の違い

どちらも洋菓子を作る人を指しています。

違いは、どのような洋菓子を作るのかということです。

前者は、洋菓子全般を作る人です。

後者は、洋菓子の中でもチョコレートを使ったものをつくる人です。

「パティシエ」の例文

・『パティシエになるために学校に通っている』

・『パティシエの修行をしている』

・『職場に新しいパティシエが入った』

・『あのパティシエのケーキをもう一度食べたい』

「ショコラティエ」の例文

・『ショコラティエとしての技術を磨くために修行をしている』

・『フランスでショコラティエの修行をつむ』

・『友人はショコラティエだ』

・『有名なショコラティエ』

まとめ

職業として洋菓子を作る人を指している2つの言葉ですが、どのような洋菓子なのかという点に違いがあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典