「パパ活」とは?意味や使い方を解説

スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「パパ活」

「パパ活」というのは「パパかつ」と呼びます。

ネットを中心に普及した言葉であり、あしながおじさん的な意味合いを持っています。

パパ活といっても決してお父さんや育児が関係するわけではありません。

「パパ活」の意味

パパ活というのは年下の女性とデートをして見返りに金銭的な援助をする活動を指します。

まるで父親のような年齢の男性が娘のような年齢の女性と付き合い、デート代を負担したり金銭的に援助をしたり、という意味を持ちます。

援助交際的な意味を持つことも多く、社会的には批判が強いとされています。

売春と同等の意味を持つこともあります。

しかしその一方で夢を叶えたい女性が金銭的な援助をしてくれる年上の男性を探すことも多く、男女ともに需要がそれなりにあると考えられています。

「パパ活」の言葉の使い方

パパ活というのは、年下の女性に金銭的な援助をする男性を指すこともありますし、年上の男性が年下の女性と付き合うその交際のことを指すこともあります。

また、年上の男性と付き合う女性を指すこともありますので、使い方は非常に幅広いといえます。

援助交際のことを聞こえよく表現するためにパパ活という場合もあります。

少なくとも金銭のやり取りが行われている男女の交際を指すにあたり、パパ活という言葉が使われるのです。

ただし、年上の女性と年下の男性の間では使われません。

「パパ活」を使った例文・短文

幅広い使い方を持つパパ活という表現ですが、いざ使うとしたらどのような例文が考えられるのでしょうか。

ここではパパ活という言葉を用いた例文をいくつか紹介します。

「パパ活」の例文1

「彼女はパパ活をしているらしい」

特に女子高生や女子大生が父親のような年齢の男性と付き合い、金銭的な援助をしてもらったりセックスの対価としてお金をもらっている場合、噂話として「彼女はパパ活をしているらしい」ということができます。

援助交際をしているらしいというと聞こえが悪いですが、パパ活をしていると言えばまだ聞こえが良いと考える人も少なくありません。

「パパ活」の例文2

「最近パパ活で金銭的な援助を求める女性が増えている」

経済的に不況が続いており、収入もなかなか上がらないと悩む人は少なくありません。

そんな中、特に女性にとっての金銭的な独立はハードルが高くなっており、夢を叶えるためには男性の金銭的な援助が必要という人もいます。

そのような援助を求める女性の中で、年上男性と付き合って援助をしてもらっている、セックスをする代わりにお金をもらう、という女性は少なからず増加しているといわれているのです。

なかなか収入が上がらない社会を反映した表現と言えるでしょう。

「パパ活」の例文3

「パパ活をしていると公言した男性が逮捕された」

パパ活というのは確かに年上男性が年下女性に金銭的な援助をする行為ですが、その言葉の定義は売春をも含むことがあります。

お金を対価としてセックスをする事は違法であり、だからこそ、年下の女性にお金を払ってセックスをしているということがあからさまになった場合、警察に逮捕される可能性もあるのです。

年下の女性を手に入れるためにSNSなどでパパ活を公言し、逮捕される男性は後をたちません。

「パパ活」の例文4

「パパ活は妊活と似たような表現かと思っていたよ」

最近は婚活や妊活のような言葉が流行っており、パパ活もパパになるための活動、つまり男性版の妊活に似たような活動だと思っている人も少なくありません。

しかし、パパ活というのはあくまでもパパのような立場で年下の女性と付き合うということでそこには金銭が絡んでいます。

パパ活は決して父親になるための活動ではありません。

そのため、「妊活と勘違いしていた!」という人は珍しくないと言われています。