スポンサーリンク

「パビリオン」とは?意味や使い方、例文や意味を解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「パビリオン」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

博覧会や展示会、オリンピックなどはそれ専用に建物が作られることが多いのですが、特に仮設のような建物は「パビリオン」と呼ばれます。

仮設の建物とはいっても一流のアーティストによって建設されることが多く、最近では使用後に他の用途として残されたり活躍することも多くなってきました。

この記事では、「パビリオン」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「パビリオン」の意味とは?

「パビリオン」とは博覧会、展示会、オリンピックなどで一時的に作られる仮設の設備や建物を表す時に使います。

主な用途は博覧会や展示会などを紹介する展示館であり、これによって歴史や内容を知ることが可能です。

「パビリオン」の語源にはテントや天幕、あずまや、など移動可能な仮設の建物という意味があり、こちらは戦争の野営として使われる時代もありました。

現代ではこのような意味は薄れて、離れて作られた建物を示すことが多くなりました。

「パビリオン」の概要

「パビリオン」は様々な博覧会や展示会、大会で使われてきましたが、特に有名なものとしては1970年の大阪万博があります。

大阪万博では日本の経済成長を表す展示会や博覧会が多く催されましたが、数が非常に多いために様々なパビリオンも作られました。

万博終了後のパビリオンはこの後転用され使われているものも多くありますが、既に解体済みとなっているものも多くあります。

「パビリオン」の言葉の使い方や使われ方

「パビリオン」の言葉は主に博覧会や展示会、大会、オリンピックなどで仮設の建物を表す時に使います。

これはテントや移動可能なものも多く、分棟形式で作られるものも含みます。

「パビリオン」の言葉は以上のような機能を持った仮設の建物を表す時に使いますが、日常的には特定の「パビリオン」を示す時に使うことが多いのが特徴です。

大阪万博で有名なものとしては岡本太郎作の「太陽の塔」があり、これは非常に芸術的なインパクトがあり国内外を問わず人気の「パビリオン」となりました。

他にもリニアモーターカーを展示した「日本館」や、各国の展示館としての「パビリオン」も好評であり、多くの観光客が訪れました。

「パビリオン」を使った例文(使用例)

・『大阪万博で見た太陽の塔は自分が見てきたパビリオンの中でも最もインパクトのあるものだと思う』
・『リニアモーターカーの将来を描いたあのパビリオンに行ったことから、現在では鉄道会社に勤めている』
・『オリンピックパビリオンはそれまでの歴史や文化を分かりやすく説明した展示品が沢山あり、子どもは興味津々だった』

まとめ

「パビリオン」は博覧会、展示会、大会、オリンピックなどで作られる仮設の展示館を表すものであり、観光スポットとしても人気が出るものとして有名です。

仮設として作られることが多いのですが、人気が出たことから続けて利用されることもあります。

大阪万博では様々な「パビリオン」が作られ、日本や世界の未来の展望を示してくれました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典