スポンサーリンク

「パフェ」と「パルフェ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「パフェ」と「パルフェ」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「パフェ」「パルフェ」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「パフェ」とは?

アイスクリームに、生クリーム、シリアル、果物などを添えた食べものです。

この食べものには、アイスクリームが使用されることが一般的です。

アイスクリームだけのものではなく、何かしら甘いものが加えられます。

よく使用されるものは、生クリーム、シリアル、サクランボやバナナなどの果物、チョコレートソース、ストロベリーソースなどです。

これらは、平皿ではなく背の高いグラスに入れられます。

全てを混ぜてしまうのではなく、層状になるように盛られています。

アイスクリームと共に添えられる食材によって、さまざまな種類があります。

チョコレートアイスを使用していたり、チョコレートソースを多く使用しているものは、チョコレートパフェと呼ばれます。

バナナを多く使用しているものは、バナナパフェと呼ばれることが多いです。

その他にも、ストロベリーパフェ、チーズパフェ、抹茶パフェなど、さまざまな種類があります。

「パフェ」の使い方

アイスクリームに生クリームや果物などを添えて、グラスに入れた食べものを指して使用する言葉です。

平皿に盛られているものについては、この名前で呼ばないことが一般的です。

「パルフェ」とは?

フランスの菓子の一つである「パルフェ」は、卵黄、砂糖、生クリームを混ぜて、冷やし固めたアイスクリームに似たものです。

温めた卵黄と砂糖を混ぜ合わせてパータ・ポンプというものをつくります。

生クリームは少しつのが立つくらいまで泡立てます。

これらを混ぜ合わせて、型に入れて冷凍庫で冷やして固めます。

これがフランスの「パルフェ」です。

型から取り出し、ソースや果物を添えます。

背の高いグラスに盛るのではなく、平皿に盛りつけられることが一般的です。

また、冷やし固めるのに使用した型にソースなどを盛りつけた商品もあります。

ベースをコーヒー味、抹茶味、チョコレート味などにすることもできます。

「パルフェ」の使い方

アイスクリームに似たフランスの菓子を指して使用する言葉です。

「パフェ」と「パルフェ」の違い

「パフェ」「パルフェ」がもとになって作られています。

「パルフェ」にいろいろと手を加えて、現在のような形になりました。

この2つの違いは、使用している材料です。

「パフェ」はアイスクリーム、生クリーム、果物などが使用されています。

「パルフェ」はパータ・ポンプと生クリームが使用されています。

果物などを添えないこともあります。

「パフェ」の例文

・『パフェが大好物』

・『有名店でパフェを食べる』

・『巨大パフェを注文する』

「パルフェ」の例文

・『パルフェを自宅で作ってみる』

・『始めてパルフェを口にして感動した』

・『パルフェがおいしい』

まとめ

似たような名前ですが、同じ食べものではありません。

一方はアイスクリームにさまざまなものを添えたもの、もう一方はアイスクリーム状の冷菓です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典