スポンサーリンク

「パワハラ」と「モラハラ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「パワハラ」と「モラハラ」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「パワハラ」「モラハラ」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「パワハラ」とは?

「パワハラ」とは「パワーハラスメント」のことで、意味は職場内におけるいじめや嫌がらせという意味になります。

上司から部下、仕事ができる者が、できない者に対して行うというイメージが強いのですが、逆のパターンもありえるでしょう。

「モラハラ」とは?

「モラハラ」とは「モラルハラスメント」のことで、言葉、態度を使った精神的な嫌がらせ、暴力、虐待を意味します。

例えば夫婦間において、無視をする、存在を否定するといったことは「モラハラ」となりますし、相手に暴言を吐く、悪口を言うといった行動も、それによって精神的苦痛が大きければ「モラハラ」と言えるでしょう。

お互いが自由に文句を言い合うような夫婦喧嘩とは区別して考えてください。

「パワハラ」と「モラハラ」の違い!

「パワハラ」「モラハラ」の違いを、分かりやすく解説します。

どちらも嫌がらせ、いじめ行為であることは共通しています。

違いは「パワハラ」とは職場内における人間関係ということなります。

また職場ではなくても、上下関係が成り立つ現場でいじめが起こればそれは「パワハラ」と言えます。

一方の「モラハラ」は言葉と態度による嫌がらせ、暴力、虐待という意味です。

つまり殴ったり、蹴ったりという体への暴力はありません。

それゆえに「モラハラ」は一見、わかりにくく陰湿になります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「パワハラ」「モラハラ」、二つの言葉の意味と違いを説明しました。

どちらも卑劣であってはならないことですが、言葉の意味が違いますので正しく理解して使い分けてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典